誰でも走りを楽しめる! エントリー仕様の「GR SPORT」でも十分にスポーティ【コペンGR SPORT試乗記】

■これぞ「人馬一体」。約240万円の軽自動車スポーツの走り

トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)から登場したGRヤリスは、272PS/370Nmのスペックはもちろん、396万円という価格設定も話題になった一因といえそうです。

昨秋に発売されたコペンGR SPORTは、「TOYOTA GAZOO Racing」のコンプリートカーのうちエントリーモデルといえる仕様です。なお、「TOYOTA GAZOO Racing」の中で最もスパイシーなのが「GRMN」、中間の「GR」、そして「GR SPORT」という位置づけになっています。

トヨタ コペン GRスポーツ
トヨタ・コペンGR SPORTのフロントビュー

コペンGR SPORTに限らず、「GR SPORT」は、ボディ剛性や足まわりのチューニングに留めるというお約束があります。パワートレーンには手をつけない仕様なので、コペンGR SPORTも同じ。軽自動車の自主規制値を超える最高出力は与えられていません。

トヨタ コペン GRスポーツ
トヨタ・コペンGR SPORTのリヤビュー

具体的には、フロントブレースの追加をはじめ、センターブレース形状の最適化など、ボディ剛性のバランスが向上し、造り込んだボディ剛性に対して、サスペンションのスプリングレート最適化、専用ショックアブソーバーにより、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を追求したとしています。

■引き締まった足だが、高速域ならフラットライドに

またトヨタは、専用チューニングされた電動パワーステアリング(EPS)と相まって、ステアリング操作とクルマの動きとの一体感醸成に寄与したと説明しています。

軽だからこそのエンジンパワーを使いきれる喜び、日常生活の中でもライトウェイトスポーツらしい、意のままに車両をコントロールする「気持ち良さ」を提案するという謳い文句を掲げています。

トヨタ コペン GRスポーツ
トヨタ・コペンGR SPORTのインパネ

実際に街中から走り出すと、エントリーモデルの「GR SPORT」だからといって退屈感とは無縁で、操舵に対してまったく遅れることなくノーズが向きを変え、リヤの追従性も抜群。

ノーマルのコペンは、軽スポーツだけに従来からフットワークの良さはもちろん美点ですが、鋭利さが増したハンドリングは文句なく楽しい仕上がりになっています。

トヨタ GR コペン スポーツ
足元はBBSホイール、ポテンザを履く

KYB製のショックアブソーバーとスプリングレートが最適化されたコペンGR SPORTは、確かに足は引き締まっているものの、ボディ剛性の強化により、毎日乗っていても許容できる乗り心地といえそう。

首都高速などで少し飛ばすと際立つのが、ロードフォールディング性能の高さで、タイヤのグリップ感が手に取るように分かります。また、速度が上がるとフラットライド感が増し、良路であれば意外なほどの乗り心地の良さも顔を出してくれますので、高速道路を使ったロングドライブも楽しめそう。

コーナーでは意外なほどロール感がありますが、高速コーナリングでもコントロールしやすく、切り返した際の揺り戻しも少ないのが美点です。

トヨタ コペン GR スポーツ
エンジンはノーマル

しっかりしたボディや足まわりにより速いコーナリングでも怖さは少なく、もう少しパワーがあればと思うこともありました。さらに、試乗車はCVTだったため、パワートレーンの楽しさを満喫するには少し物足りなさもありましたが、MTがAT限定免許などでNGでない限り、MTをチョイスした方がよりスポーツ度が増すのは当然で、ぜひMTで「人馬一体」感の走りを楽しみたいところ。

専用レカロシートのフィット感も抜群で、日常使いでも苦にならない程度の乗降性も確保されています。

トヨタ コペン GR スポーツ
ホールド性の高さが魅力のホールド性

CVTは2,380,000円、5MTは2,435,000円という価格設定で、軽自動車としては決して安くはありませんが、コンパクト(ライトウェイト)スポーツの良さを知っている人を虜にする魅力を備えています。

(文/写真 塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ ヤリス
新型ヤリスに採用されたエンジンオイルは、従来よりも約25%低粘度化された「0W-8」に適合した超低粘度の「GLV-1 0W-8」
霧島聖子さんとグランエース
トヨタのでっかい高級ワゴン「グランエース」は乗り心地が絶品! 霧島聖子さんと走りをチェック【トヨタグランエース試乗記】
ヴォクシー外観
人気のミニバン・ヴォクシー/ノア/エスクァイア。中古車で買うならどれがお得なの?【中古車】
トヨタが燃料電池車「MIRAI」の技術を応用し、船舶用FCシステムを開発・搭載
トヨタ セーフティ センス
トヨタがビッグデータを参考に加速抑制を行う「急アクセル時加速抑制機能」を開発
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事