「BRZ STI Sport GTコンセプト」はスーパーGTの技術をフィードバック!【東京オートサロン2020】

●内外装を徹底的に磨き込んだ「BRZ STI Sport GTコンセプト」

SUBARU/STIブースで注目を集めるBRZは、SUPER GTに参戦中のBRZ GT300マシンで得られた空力効果をフィードバックしたアイテムが数多く装備されています。

BRZ STI Sport GTコンセプト

まずは新デザインのフロントアンダースポイラー。フロントに大きくせり出している形状のほか、裏側も空気の流れを考慮しバンパー裏側からアンダーカバーを巻き込むような形状となっています。

BRZ STI Sport GTコンセプトのカナード

さらにサイドに装着されたカナードもフロントの接地性を高めホイールが巻き込む空気の流れをも考慮した形状。もちろんSTIらしく空力だけでなく対歩行者衝突時なども考慮された機能パーツです。

スワンネックタイプのリアウイング

また、エクステリアで最も注目したいスワンネックタイプのGTウイング。形状もSUPER GTのBRZ GT300を意識したもので、もちろんデザインだけでなく翼断面形状やウイング下側の空気の流れも考慮しています。

形状も本格的

市販車やSTIのレースマシン同様に風洞実験により効果を実証されている本格エアロパーツです。

GT300のマシンに装着されているものに酷似

形状もBRZ GT300のものと酷似しているのがよくわかります。

試作品のマフラーは軽量化にも貢献

リヤの下回りを覗くと、STIパフォーマンスエンブレムが装着された見慣れぬマフラーが装着されていました。これは試作のSTI製チタンマフラーで排気効率はもちろん、軽量化にも貢献。

軽さはもちろん、チタンとツインサイレンサーの美しさにも注目

マフラー単体で約6.8キロという超軽量で運動性能にも貢献しています。ブース内ではマフラー単品の展示もあり、チタンとツインサイレンサーの美しさを間近で見ることもできます。

ホイールは専用色を採用し、スペシャル感を演出

足元にはSUBARUの国内モデルでは初となるマットブロンズカラーを採用したBBSの18インチ鍛造ホイールを装着。

市販のBBS RE-Vをベースに専用色とし、特別塗装色のギャラクティクWRブルーメタリックにもマッチするカラーとなっています。ベースのBRZ STI Sportではタイヤにミシュラン製を採用していますが、BBSホイールにダンロップタイヤを組み合わせるBRZ GT300をオマージュし、タイヤもダンロップ ディレッツァへと変更されています。

シートは定番のRECARO

また、エクステリアだけでなくインテリアにもこだわり、WRX S4 GTコンセプト同様にRECAROシートが与えられています。

加飾部はドライビングの邪魔にならないように配慮

WRX S4 GTコンセプトと異なるのは、ドアスピーカーのまわりやセンターコンソールのサイドにも明るめのシルバー系のレザーがアクセントとして使用されており、ドアを開けた時の華やかさを演出しながらも、運転中には視界に入ることがほとんどない場所ということもあり、運転に集中しつつ華やかさも演出できるというこだわりも秘められているそうです。

ウルトラスエードのソフトパッドを配したインパネ

インパネパネルもウルトラスエード貼りとして質感を高めているところもポイントです。

BRZ STI Sport究極のモデルといえるGTコンセプト

BRZ STI Sportの走りと内外装の質感を徹底的に磨き上げたGTコンセプトは、SUPER GTのテイストと技術を盛り込んだ究極のモデルといえそうです。

(Text&Photo 井元 貴幸)

『東京オートサロン2020』の最新記事
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
清水さん、高平さん、石井さん
「現役ラリースト」清水和夫さんたちが言いたい放談。ラリーはモータースポーツの原点!前編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事