メルセデス・ベンツCLA、初のPHEV設定へ…プロトタイプをスクープ

■EV走行は最大70km、クーペ&シューティングブレークともに登場

メルセデスベンツのスタイリッシュクーペ&ワゴン、「CLAクーペ」及び「CLAシューティングブレーク」新型に、初のプラグインハイブリッドが設定されることが濃厚となりました。

メルセデスベンツ CLA PHEV外観_001
メルセデスベンツ CLA PHEV 市販型プロトタイプ

極寒のスカンジナビアで捉えた2台の開発車両は、追加された右後部の充電口、ナンバープレートの「E」、黄色の丸いステッカーを除いてほぼベースモデルと同じエクステリアですが、リアエンド「CLA」バッジの横の黒いテープの下には「250e」の文字が浮かんでおり、PHEVモデルであることが確認できます。

メルセデスベンツ CLA PHEV外観_002

ハイブリッドパワートレインは、「A250e」と共有する1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+160psを発揮する75kwの電気モーターを搭載、システム総出力は218ps、最大トルク450Nを発揮します。

WLTPによるEV走行の航続距離は60kmから70kmの範囲が予想され、ワールドプレミアは、最速で2020年1月7日から米ラスベガスにて開催されるCES2020が有力と見られています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW X8_010
BMW史上最高級SUV「X8」、4人乗り豪華仕様も設定へ!
キア スポーテージ_003
初代はマツダ ボンゴと兄弟。ヒュンダイコンパクトSUV「スポーテージ」次期型をキャッチ
アウディ Q4 e-tron_018
アウディの電動SUV「Q4 e-tron」とクーペSUV「スポーツバック」のコックピットを激写!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事