相場が上がり続けるロータリースポーツ、マツダRX-7が欲しいなら迷っている暇はない!【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】

FD3S型RX-7

■普通に乗れるマツダRX-7(FD3S)が欲しいなら350万円が目安

●FD3Sなら狙い目は中後期。ロータリー入門ならRX-8がオススメ

FD3S型RX-7
数年前から急激に中古車相場が上がったFD3S型RX-7ですが、今後相場はどう動くのでしょうか。RX-7専門店であるガレージRさんのお話を参考にしたいです。

マツダを代表するスポーツカーだったRX-7は、ロータリーエンジンを搭載していました。世界で唯一、マツダが量産に成功したロータリーエンジンは、悲しいかな現在生産されていません。なくなってしまうと欲しくなるのは人情ですが、現在ロータリーエンジンを搭載するRX-7の中古車相場は上がり続けているように思えます。R32スカイラインGT-Rや80スープラほどではないにしろ、いずれRX-7も買えないくらい相場が上がってしまうのでしょうか。

ところが、これからRX-7に乗りたいと考えているなら、今が買い時かもしれません。というのも、今回取材のために訪れたRX-7専門店「ガレージR」さんで、衝撃的な事実を教えてもらえたからです。

ガレージR本店
取材でお邪魔したのはロータリーエンジン搭載のスポーツカーを専門に取り扱っているガレージR本店さん。FD3Sの在庫数なら全国有数の規模です。

【マツダRX-7ヒストリー】

SA22C型
1978年に発売開始され1985年まで作られた初代サバンナRX-7(SA22C型)。もはや市場に出回る数は少なく希少車扱いです。
FC3S
1985年にフルモデルチェンジしたサバンナRX-7(FC3S)。前期モデルは圧倒的に少なく、エンジンの修理も難しい状況です。
FC3S後期型
1989年のマイナーチェンジで後期型になるFC3S。市場に出てくるのはほぼこの後期型ですが、その相場はあってないようなものです。
FD3S
1991年にフルモデルチェンジしてサバンナからアンフィニRX-7となった3代目FD3S。前期モデルは海外に出てしまうことが多く国内では減少傾向です。
FD3S(5型)
1999年に5型の後期型に切り替わるとエンジン出力が280psに向上したこともあって人気です。国内で出回るのは4型以降になっています。
FD3S(6型)
2000年に6型になったFDの最終モデル、2001年発売のタイプRバサーストRで黄色だと、中古車相場は400万円を切ることはなくなります。
『マツダ』の最新記事
マツダ2
MAZDA2に安全・快適装備が充実した特別仕様車の「SMART EDITION」を追加【新車】
マツダ CX-8
MAZDA CX-5/CX-8に先進安全装備が充実した特別仕様車「SMART EDITION」が登場【新車】
マツダフェイスシールド装着状態
マツダがフェイスシールドフレームを生産。チーム広島でコロナに打ち勝て!
マツダ100周年
マツダ100周年〜コルク製造会社から世界で唯一無二のユニークな自動車メーカーへと成長するまでを、自動車の歴史とともに辿る【2020年6月3日更新】
マツダが『グランツーリスモSPORT』にバーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事