アヴェンタを3億円のチェンテナリオ風に! ランボルギーニ アヴェンタドール最新キットが発売!

■イタリアン・トリコローレのディフューザーに注目

カナダを拠点とするチューニングメーカー、「Duke Dynamics」はランボルギーニ「アヴェンダドール」用の最新ワイドボディキットを発表しました。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_004
ランボルギーニ アヴェンタドール用 Duke Dynamicsボディキット

アヴェンダドールは、これまで合計8,300台を販売。発売から8年が経過していますが、昨年は1,209台を販売、2017年から3%の伸びを見せており、人気が衰えていないモデルです。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_002
ランボルギーニ アヴェンタドール用 Duke Dynamicsボディキット

「アヴェンダドールLP700-4/アヴェンダドールS LP740-4」をベースにカスタマイズするキット最大の特徴は、バンパーと一体化された垂直6スラットのリアディフューザーです。外側からグリーン、ホワイト、レッドのイタリアン・トリコローレをあしらったもので、3億円の「チェンテナリオ」風に仕上げられています。

キットには、専用のリップスポイラーのエアベント、ボンネットフードのエアバルジ、サイドスカートなどが含まれ、フロントフェンダーは2インチ(50mm)、リアフェンダーは2.3インチ(60mm)にワイド化されています。

このボディキットは、最新の3Dレーザーテクノロジー、3D CADソフトウェア、及びCNCマシンを使用し作成されたオートクレーブプリプレグカーボンファイバー、またはFRP(プリプレググラスファイバー)から利用可能となるようです。

気になる価格は、35,000〜50,000USドル(約380万円〜約545万円)+工賃とかなり強気の設定となっています。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?