アヴェンタを3億円のチェンテナリオ風に! ランボルギーニ アヴェンタドール最新キットが発売!

■イタリアン・トリコローレのディフューザーに注目

カナダを拠点とするチューニングメーカー、「Duke Dynamics」はランボルギーニ「アヴェンダドール」用の最新ワイドボディキットを発表しました。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_004
ランボルギーニ アヴェンタドール用 Duke Dynamicsボディキット

アヴェンダドールは、これまで合計8,300台を販売。発売から8年が経過していますが、昨年は1,209台を販売、2017年から3%の伸びを見せており、人気が衰えていないモデルです。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_002
ランボルギーニ アヴェンタドール用 Duke Dynamicsボディキット

「アヴェンダドールLP700-4/アヴェンダドールS LP740-4」をベースにカスタマイズするキット最大の特徴は、バンパーと一体化された垂直6スラットのリアディフューザーです。外側からグリーン、ホワイト、レッドのイタリアン・トリコローレをあしらったもので、3億円の「チェンテナリオ」風に仕上げられています。

キットには、専用のリップスポイラーのエアベント、ボンネットフードのエアバルジ、サイドスカートなどが含まれ、フロントフェンダーは2インチ(50mm)、リアフェンダーは2.3インチ(60mm)にワイド化されています。

このボディキットは、最新の3Dレーザーテクノロジー、3D CADソフトウェア、及びCNCマシンを使用し作成されたオートクレーブプリプレグカーボンファイバー、またはFRP(プリプレググラスファイバー)から利用可能となるようです。

気になる価格は、35,000〜50,000USドル(約380万円〜約545万円)+工賃とかなり強気の設定となっています。

(APOLLO)

 

『ランボルギーニ』の最新記事
ランボルギーニ ウラカン_003
ランボルギーニ ウラカンの最新カスタムは「砂漠」がテーマ!?
ランボルギーニ アヴェンタドール_005
ランボルギーニ史上最強のNA・V12を搭載。新型レーサー「SCV12」初公開
ランボルギーニのレゴ
「ランボルギーニのオーナー」感さえ味わえそうな大人のレゴ『レゴ テクニック』シリーズ
ランボルギーニ ウラカン・エボ・RWD スパイダー
ランボルギーニ「ウラカン・エボ・RWD スパイダー」がARを使って世界デビュー【新車】
ウラカン正面
640馬力のハイパワー4WDは意外なほど乗りやすい 【ランボルギーニ・ウラカンEVO試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事