予想外の展開に大興奮!スプリントカップは劇的な結末が待っていた!【SUPER GT・DTM交流戦】

●あの人気マシンが公式戦では見せられなかった速さでサーキットを沸かす!

特別交流戦のサポートレースとして開催された「auto sport web Sprint Cup」。こちらは50分という、通常のスーパーGTやスーパー耐久よりも短いスプリントレースで争われます。

スプリントカップ_レース1_02
ポールポジションを獲得した60号車SYNTIUM LMcorsa RC F GT3

未明まで降り続いた雨でウェットコンディションとなる中、朝7時55分から10分のインターバルを挟み10分ずつで行われたAB両ドライバーによる予選。

この合算タイムでポールポジションを獲得したのは、今シーズンスーパーGT参戦100戦目を達成し、そのメモリアルレースで見事GT300クラス優勝を果たした吉本大樹選手の操る#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3。これに、このスプリントカップが最後のレースとなる#25 HOPPY 86 MC、#52 埼玉トヨペットGB マークX MCとGT300勢が続きます。

スプリントカップ_レース1_03
12台による決勝レース1がスタート!
スプリントカップ_レース1_04
スリックタイヤでスタートした48号車植毛GO&FUN GT-R

決勝レースを前に、雨はほぼ上がっていましたが路面はまだウェット。各車がレインタイヤを装着し11時50分にフォーメーションラップからローリングスタートでレース1がスタートすると予選4番手からスタートした#48 植毛GO&FUN GT-Rが一気に9番手まで順位を落とします。その翌周には同じNILZZ Racingの僚友#9 MP Racing GT-Rにもかわされ10番手まで交代しますが、48号車は路面が乾くと予想しスリックタイヤでスタートしていました。

次第に路面が乾いていく中、48号車は1周に1台以上のペースでオーバーテイクしていき、9周目にはついにトップに躍り出ます。

スプリントカップ_レース1_05
次々にオーバーテイクしトップへ

今回のスプリントカップでは決勝レース中20分から30分の10分間でのピットインと、ピットインからピットアウトまでの時間が70秒以上という特別ルールのもと行われ、上位陣は13周目にルーティンピットを消化します。トップを快走する48号車は14周目には全車を周回遅れにするほどのギャップをスリックタイヤで稼ぎ、16周終了時点では48、60、#30 TOYOTA GR SPORTS PRIUS PHV apr GT、52という順位となります。

スプリントカップ_レース1_01
ファイナルラップ前のトップ争い

しかし60号車はピットイン後に驚異的な追い上げで48号車を猛追し、ついにファイナルラップで48号車をオーバーテイク。見事ポール・トゥ・ウィンでスプリントカップレース1を制しました。

スプリントカップ_レース1_06
3位争いもファイナルラップまで熾烈な争いとなった

また3位争いも最終ラップで52号車が30号車をパスし表彰台を獲得、タイヤ3メーカーが表彰台を分け合う結果となりました。

スプリントカップ_レース1_07
GT300勢が表彰台を独占したレース1

表彰式では、翌日のレース2のグリッドを決めるくじ引きが行われ、レース1の決勝結果から上位6位までのリバースグリッドとなることが決まりました。

24日に開催されるレース2は11時35分スタートの予定です。リバースグリッドがどんなレース展開を引き出すのか、とても楽しみです。

(H@ty)

『スーパーGT』の最新記事
スーパーGT2020_Rd8_決勝_001
歴史に残る大激戦! Class 1元年をFRに生まれ変わったNSX-GTが大逆転で制する【SUPER GT 2020】
埼玉トヨペットGB GR Supra GT
コースレコード連発の予選。制したのは埼玉トヨペットGRスープラ【SUPER GT 2020 最終戦 富士】
スーパーGT2020_Rd8_予選_01
GR Supra祭りとなった予選、KeePer TOM’S GR Supraがコースレコードでポールポジションを獲得【SUPER GT 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事