SYNTIUM LMcorsaがオートポリスでGT300クラス優勝! 吉本選手のスーパーGT参戦100戦目に華を添える【SUPER GT 2019】

GTオーポリ決勝_01

●予選12番手からの優勝。2014年以来の2勝目を飾る

大分県はオートポリスで開催されたスーパーGT第6戦。GT300クラスでは記録と記憶に残る勝利となりました。

GTオーポリ決勝_02
ウェット路面をスリックタイヤで我慢の走りをする60号車

今大会でスーパーGT参戦100戦を達成した吉本大樹選手のドライブするSYNTIUM LMcorsa RC F GT3が、予選12番手から難しいコンディションの中、見事優勝を飾りました。60号車はチームを設立した2014年の鈴鹿1000km以来となる2勝目を、設立当初からドライバーを努めている吉本選手の記念大会であげることとなりました。

GTオーポリ決勝_03
前回優勝したときにコンビを組んでいた飯田章監督と若手のホープ宮田莉朋選手

この勝利について、吉本選手からは

「LM corsaのチーム立ち上げから一緒に頑張ってきて2014年には1勝できましたが、翌年からは(当時ホモロゲーションの取れていなかった)開発車両のRC-F GT3で苦しい思いをして、満を持してホモロゲーションが取れていざ! というタイミングでもう1台(51号車)がたくさん勝ってしまって悔しい思いもたくさんしてきました。ですがこうして全てが噛み合えば結果が出せるということを証明できました。
また、トヨタの若手のホープ(宮田莉朋選手)を預かっているにも関わらず結果を出せていなかったというのはチームとしても個人としてもとても心苦しかった。なので宮田選手にスーパーGTの最初の1勝をプレゼントできてとても良かったと思います。ダンロップタイヤさんはじめチームのみんなに、ありがとうではなく、おめでとうと言いたいです」

という、ベテランらしい、そしてアツいコメントをいただきました。

GTオーポリ決勝_04
オートポリスを疾走する60号車

GT300クラスでは今シーズンこれまでの6戦で、参戦しているタイヤメーカー3社で2勝ずつを分け合う形となり、残り2戦でのタイヤ戦争の行方もとても気になる今回の結果となりました。

今シーズンも残り2戦、ウェイトハンデが半減される次戦は、1週間のインターバルを経て9月21、22日に宮城県のスポーツランドSUGOにて開催されます。

(H@ty)

【関連記事】

LMcorsaの吉本大樹選手がスーパーGT参戦100戦を達成【SUPER GT 2019】
https://clicccar.com/2019/09/08/909632/

【SUPER GT 2019】ラスト5分の大逆転!オートポリスのGT300は SYNTIUM LMcorsa RC F GT3のメモリアルWIN!
https://clicccar.com/2019/09/10/910416/

『スーパーGT』の最新記事
タイトル画像
阪口晴南に挑め!スーパーGTのK-tunes Racingが『グランツーリスモSPORT』チャレンジャーを募集中!
川合孝汰_001
イメージカラーも一新してトップカテゴリに挑む、川合孝汰選手【SUPER GT 2020 ルーキードライバーインタビュー】
Mac Racing_001
【SUPER GT 2020 新規参戦チームインタビュー】Max Racing「悔しさをバネに、アツい気持ちの伝わるレースを魅せたい!」
岡山国際サーキットのSUPER GT公式テスト
新型コロナウイルスの影響でSUPER GT開幕戦とスーパーフォーミュラ第2戦が開催延期
Moduloサポートの2チーム
スーパーGTで2クラスをサポートするホンダアクセスがModuloのモータースポーツ公式サイトをオープン【SUPER GT2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事