ガソリン仕様は予想以上の実力者! 取り回し、ハンドリング、快適性のバランスはマツダSUVでベストか【MAZDA CX-30】

マツダ CX-30

■長距離でなければパワー&トルク感ともにガソリン仕様で十分

街乗りから首都高速まで軽快な走りを披露してくれるのが、MAZDA CX-30のガソリン仕様。「SKYACTIV」の名を広く認知させたのはディーゼルエンジンの貢献度が高いはずで、その魅力はいまも健在です。ロングドライブの機会が多く、年間走行距離も延びるという使い方なら差額差+約32万円となるディーゼルエンジンを指名する価値は十分にあり、燃費も良く、軽油ですむメリットをより享受できます。

マツダ CX-30
MAZDA CX-30のフロントビュー

一方、自宅を中心とした街乗りが多く、年に数回ワンデードライブや1泊2日程度の旅行、あるいは帰省に使う程度で、休日くらいしか乗らないのであれば、2.0Lガソリン車の走りは魅力的です。

マツダ CX-30
MAZDA CX-30の走りは、軽快さと高い快適性を両立

ストップ&ゴーが多い街中でもスタートダッシュに不満はなく、首都高速でも伸びやかな加速が味わえます。より爽快な走りが美点で、試乗車はMT車だったため、より軽快な加速が引き出しやすいという利点もありました。

『マツダ』の最新記事
デミオSKYACTIV-D 1.5L 6EC-AT i-ELOOP
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車が国内累計販売50万台を達成。国内の2台に1台はマツダ車になる計算
マツダ3
ガソリン、ディーゼル、SKYACTIV-X。それぞれの走りや燃費はどう違う?【MAZDA 3試乗記】
CX-3以上・CX-5未満の新型SUV。室内とラゲッジの広さ、乗り降りのしやすさは?【マツダCX-30試乗記】
マツダ ロードスター
マツダ・ロードスター/RFが一部改良。新ボディカラーや内装の質感向上、新アルミホイールで走りをブラッシュアップ【新車】
マツダ2
マツダ2は走りのクオリティでライバルを迎え撃つ【新型MAZDA2試乗記】
マツダ CX-30
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事