日本への導入は間もなくか? 三菱自動車のミラージュとアトラージュがマイナーチェンジ【新車】

■コンパクトカーのミラージュ/アトラージュがマイナーチェンジで質感を向上

三菱自動車は、タイから日本にも輸入しているコンパクトハッチバック「ミラージュ」、セダンの「アトラージュ」のデザインを一新し、11月18日からタイで販売を開始。他地域でも順次販売する予定と発表しました。

三菱自動車 ミラージュ
三菱自動車ミラージュがフェイスリフトで「ダイナミックシールド」顔に

なお、ミラージュは一部地域では「スペーススター」として、アトラージュは一部地域では「ミラージュG4」として販売されているそうです。同モデルは、11月28日(木)にタイで開催されるMotor Expo 2019に出品されます。

今回のデザイン変更では、洗練されたコンパクトカーとして、両車ともシャープでダイナミックな内・外装に生まれ変わっています。両モデルは、昨年度グローバルで合計約14万台を販売した三菱自動車の世界戦略車で、同社のタイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場でラインオフされています。

タイ仕様の外観は、同仕様のフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を「ミラージュ」「アトラージュ」として初採用されています。左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成することで、力強さとシャープさを高めたフロントフェイスに変身。

三菱自動車 アトラージュ
三菱自動車のコンパクトセダン「アトラージュ」

ヘッドライトは、フロントグリルと連続感のある左右へと広がるデザインとされ、フォグランプをバンパーサイドに配置するなど最適化したランプレイアウトにより、ワイドで安定感のあるフロントデザインになっています。リヤデザインは、L字型のシグネチャーとしたLEDコンビネーションランプと、バンパーコーナー部に縦型のリフレクターを配置したスクエアな形状が特徴。

三菱自動車 アトラージュ
クオリティアップが図られてたインテリア

クオリティアップが図られてたインテリアは、フロントドアトリムのデザインが見直され、アームレストに肌触りの良い生地巻きが採用されています。さらに、スポーティなイメージのカーボンパターンが配されたメーター文字盤とパワーウインドウスイッチパネルを用意。

機能面では、7インチスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)が採用され、視認性が向上。さらに、「Apple CarPlay」に対応しています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。