完熟のハイブリッド仕様はスムーズな走りと安定感が魅力【新型カローラ試乗記】

■落ち着いた乗り味とスタイリッシュな外観が魅力の新型カローラ

「TNGA(GA-C)」プラットフォームを使い、3ナンバー化された新型トヨタ・カローラは、セダン、ワゴンであるツーリング、ハッチバックの3タイプがあります。

共通するのは、ドシッとした落ち着いた乗り心地が味わえる点で、無粋な揺れは少なく上質な乗り味が美点です。

トヨタ カローラ
新型トヨタ・カローラ・ツーリングの走り。3タイプの中で一番人気になっている

セダンはボディの剛性感が高く、後席に座っても音・振動の遮断が見事。販売比率はツーリングの方が高くなっていますが、4人で乗車する機会が多く、より快適性を求めるならセダンを選ぶ手もありでしょう。スタイリッシュなスタイリングで、あまりおじさん臭くないのも魅力です。

ツーリングは後席に座るとセダンよりも少し音・振動が高めに感じられますが、十分に快適。3人乗車+荷物を積んでもそこそこ軽快といえるフットワークを披露してくれます。

トヨタ カローラ
新型トヨタ・カローラの1.8L+モーターのハイブリッド。エンジンは98PS/142Nm

1.8Lエンジン+モーターのハイブリッド仕様は、プリウスやC-HRでもお馴染み。発進時から欲しいトルク感があり、アクセル操作に対してスムーズに反応し、アクセルを強めに踏み込めば街中で流れを容易にリードできます。

「ハイブリッド=エコ」なのは間違いありませんが、高速道路を使ったドライブでもTNGAプラットフォームによる安定感ある走りも相まって気持ちよく走れそう。さらに、EVドライブモードスイッチも用意されますから、早朝、深夜の住宅街で走るときも周囲を気にしなくていい利点もあります。

トヨタ カローラ
後席の快適性で選ぶならセダンがベスト

ハイブリッド仕様のシステム最高出力は122PSで、1.8ガソリンの140PSには及ばないものの、フル乗車で山道を走るような状況をのぞき、動力性能的に不満はほとんど出ないはずです。

なお、ハイブリッド仕様には、4WDの「E-Four(電気式4WD)」も用意されています。滑りやすい路面での発進時に少し背中を押してくれるような生活ヨンクで、定常走行時や減速時には省燃費に貢献する2WD中心になります。ハイブリッドの燃費の良さに走りの安定感を加えた「E-Four」は、雪国の方にとって見逃せない選択肢になりそう。

トヨタ カローラ
ハッチバックのスポーツは、セダン/ワゴンよりもトレッドが若干ワイド(G-Xのぞく)になっていて、より安定感のあるフットワークが魅力

熟成が進むハイブリッド仕様の「THS2」は、エンジン始動時からの加速フィールや音振動の抑制、減速時(回生時)の制御などもかなりスムーズになっていて、新型カローラ・シリーズとの相性も抜群といえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

『トヨタ・カローラ』の最新記事
TE27試乗中の清水さん
TE27カローラ レビンを清水和夫が首都高で「ゲロゲロッ」!? 心臓を自分で動かしている感じっていいね!【StartYourEnginesX】
世界2大ベーシックカーを比べて走らせて分かった「決定的な違い」とは!?【カローラスポーツ&ゴルフ7比較】
カローラスポーツ vs ゴルフ7、内装比較で分かった「使い勝手の違い」【カローラスポーツ&ゴルフ7比較】
新世代カローラはゴルフを超えた?! 元日産エンジニアが語る、2台のサスや車体の「差」とは?!【カローラスポーツ VS ゴルフ7】
カローラアクシオの外観01
3ナンバーボディへの反発か? カローラアクシオの中古車が値上がり【中古車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事