モーター用高機能部材などで軽量化、高効率化でEV時代に貢献する日立金属【東京モーターショー2019】

■世界の消費電力の40%を占めるモーターを高効率化

磁石・電装用品などを展開している日立金属は、EVコーナー(モーター)、軽量化コーナー、クラッド材紹介コーナーなど設けてブース展開しています。

日立金属
磁石やクラッド材などによる高機能部材で、電動化の高効率化、軽量化などに貢献する日立金属

電動化に向けて高効率モーター用部材に注力している同社は、世界の電力消費量(2019年10月、同社調べ)のうち4割がモーターで占められ、高効率なモーターが欠かせないとしています。

その一環としてモーター用アモルファス軟磁性合金を開発。次世代高効率モーター用ステーター材に適しているそう。鉄を主成分とするアモルファス軟磁性合金は、超低鉄損(一般的なモーターコア材と比べて約1/10)で、モーターの省エネルギー化に貢献します。

日立金属
アモルファス軟磁性合金「Metglas」を紹介したコーナー

そのほか、クラッド材の紹介コーナー、EV/HEVバッテリー用として、高剛性と高い機密性が図られたアルミ鋳物製バッテリーケース、サスペンション用で、足まわりの軽量化に貢献する高靱性ダクタイル鋳鉄の「NMS600CM」、EV/HEVパワーモジュール用の窒化ケイ素素基板など多くの技術を紹介。

日立金属
足まわりの軽量化に寄与する高靱性ダクタイル鋳鉄

中でも同社の技術が体験できるのが、同社が世界に先駆けて開発、量産を開始したNEOMAXで、ネオジム、鉄、ボロンを主成分とした、磁石の中では最も磁気特性の優れた磁石。

球を持った手を近づけると磁石に吸い付き、球も容易に離れないほど。自動車分野、IT、家電分野、産業分野、医療、環境、エネルギー分野などの小型、軽量化、高効率、省エネ化に欠かせない材料として重要な役割を担っているそう。

日立金属
世界最強クラスの磁力を体感できるNEOMAX

高機能素材を生み出す同社の技術力を多彩な展示を通して体感することができます。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事