話題の踏み間違い防止装置も展示! 電子デバイスとカメラ技術でドライブをサポートする「データシステム」【東京モーターショー2019】

■アクセルとブレーキの踏み間違いを防止

10月24日から一般公開が始まる東京モーターショー2019。東京ビッグサイトの西館3、4ホールには部品メーカーやサプライヤー、デバイスメーカーなどが数多く出展しています。

データシステムのブース
データシステムのブース

電子デバイスとカメラ技術で安全面からドライブをサポートするデータシステムのブースも、この西館3ホールにあります。

アクセル見守り隊
アクセル見守り隊

今回の注目はなんといってもアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置「アクセル見守り隊」(一般流通向け)と「ペダルの見張り番II」(オートバックス専売品)。これらはどちらも、最近問題が顕在化し、事故の原因の一つとされている踏み間違いを防止する装置です。

アクセル見守り隊のパーツ
アクセル見守り隊のパーツ

データシステム得意の電子デバイス技術で開発されており、取り付けも車種別ハーネスを用意して幅広い車種に取り付けが可能です。

アクセル見守り隊
アクセル見守り隊

新たに追加される「アクセル見守り隊」(一般流通向け)は11月より発売開始、「ペダルの見張り番II」(オートバックス専売品)は、好評発売中とのこと。

データシステムのデモカーはジムニー
データシステムのデモカーはジムニー

データシステムのカメラ技術を搭載したデモカーも展示されています。今回は新型ジムニー。

デモカーの車内
デモカーの車内

デモカーの中を見てみると様々なモニター類が取り付けられています。これらは全てデモカーに取り付けられたカメラと接続されています。

4Kドライブレコーダー
4Kドライブレコーダー

また高性能で話題のドライブレコーダーも装着されています。

4Kドライブレコーダー
4Kドライブレコーダー

装着されているのは高画質な4K録画のドライブレコーダー。

4Kドライブレコーダー
4Kドライブレコーダー

一般的な2K、FHD画質に比べて4倍の情報量となる4K画質はナンバープレートなどもくっきりと録画します。

前後2カメラ式のドライブレコーダー
前後2カメラ式のドライブレコーダー

また前後2カメラ式のドライブレコーダーもラインナップされています。

前後2カメラ式のドライブレコーダー
前後2カメラ式のドライブレコーダー

2カメラ接続のタイプながら超コンパクト。これであおり運転対策もばっちりです。

フロントカメラ
フロントカメラ

またデモカーにはデータシステムお得意のカメラ技術が搭載されています。

サイドカメラ
サイドカメラ

背の高いSUVには必須ともいえるのがサイドカメラ。

サイドカメラの映像
サイドカメラの映像

フロント左側の死角を鮮明に映します。

フロントカメラ
フロントカメラ

グリルに埋め込まれたフロントカメラ。

フロント、サイドのカメラ映像
フロント、サイドのカメラ映像

こちらもボンネット下の死角を180度の広範囲で鮮明に映していきます。

3つのカメラ映像をナビ画面に映す
3つのカメラ映像をナビ画面に映す

でも、いちいちカメラごとにモニタを用意するのも煩雑です。

3つのカメラ映像をナビ画面に映す
3つのカメラ映像をナビ画面に映す

そこでこれらのカメラ映像をナビ画面に映してしまうアダプタも用意されています。

3つのカメラ映像をナビ画面に映すアダプタ
純正カメラの映像を市販ナビ画面に映すアダプタ

このアダプタがあれば、純正ナビでなくとも、ほとんどの国産自動車メーカーの全周囲モニター映像を市販ナビに映し出すことが可能になるのです。

エンブレムタイプフロントカメラ
エンブレムタイプフロントカメラ

またフロントカメラをエンブレムに埋め込むキットも用意されています。

データシステムのデモカーはジムニー
データシステムのデモカーはジムニー

データシステムはSUVの死角をカメラ技術で無くしていったのです。

ナイトビューカメラ
ナイトビューカメラ

また死角をなくすといえば夜の暗闇でもはっきりと映し出せるナイトビューカメラもあります。

スカイビューカメラ
スカイビューカメラ

そしてリアカメラだけで真上から見たかのような映像が得られるスカイトップビューカメラも開発中。

データシステムはこれらの先進のカメラ技術と電子デバイスで、安全なドライブを支援しています。

(写真・文:松永和浩)