ランボルギーニ最後のピュアV12は「SVR」か? 830馬力、究極のアヴェンタドールが年内登場の噂

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_003

●伝統のSVRがV12の掉尾を飾る?

ランボルギーニは、2019年3月のジュネーブモーターショーにて「アヴェンタドールSVJロードスター」を発表、これが同社にとって最後のピュアV12気筒と噂されていましたが、最終V12モデルが発表される可能性が高いことがわかりました。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_002
ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

アヴェンタドールSVJ/ロードスターは、最高出力770psを発揮する6.5リットルV12DOHCを搭載する同社のフラッグシップモデルです。後継モデルは電動化され、ハイブリッドモデルの可能性が高いと予想されていますが、アヴェンタドール最終モデルの情報を入手しました。

ランボルギーニ アヴェンタドール外観_003
ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

新型モデルの車名には「アヴェンタドールSVR」が有力とされています。SVRは、ジャガー・ランドローバーの最強モデルに与えられる称号で、ランボルギーニではかつて「ディアブロSVR」や「ミウラSVR」が存在していました。

予想されるパワートレインは、6.5リットルV型12気筒エンジンで最高出力は驚異の830psを発揮します。これは「アヴェンタドールSVJ」より60ps、同社最新モデル「シアンFKP 37」より11ps高く、最大トルクもSVJの720Nmを大きく超えてくる模様です。

おそらく、フェラーリ「LaFerrari FXXK」、マクラーレン「P1 GTR」、ポルシェ「911 GT2 RS 935」などをライバルとするサーキット専用モデルとなると思われますが、今後ロードカーバージョンへの展開もあるでしょう。

ワールドプレミアは2019年内が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アジラニ Drakuma外観_012
ドラゴンの羽を持つハイパーカー! 1200馬力の「Drakuma」世界初公開
DS 9外観_002
車名は「9」か!?  DSの新型フラッグシップのプロトタイプを捕捉
マセラッティ ティザーイメージ
0-100km/h加速2秒のマセラッティ新型2ドアスポーツ、2020年5月デビューが決定
ポルシェ パナメーラ外観_001
ポルシェ・パナメーラが大幅改良。その頂点には「ライオン」が君臨!?
SUVに生まれ変わった「プーマ」、高性能モデル・STの最終プロトタイプをキャッチ
ランボルギーニ アヴェンタドール外観_003
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事