エアロパーツはサイズ、灯火類は色に注意! 車検に通る改造・通らない改造:装備編【保険/車検のミニ知識】

多彩な装備を楽しむことができるクルマですが、中には保安基準に抵触するものもしばしば存在します。今回は、車検に通る改造・通らない外装装備の選び方を、元自動車ディーラー営業マンが、解説していきます。

■エアロパーツはサイズを守って装着すべし

クルマの外装部品の花であるエアロパーツは、多くのメーカーから販売されており、多種多様な選択肢が存在します。マイカーをよりオリジナリティの強いものにできる、人気のチューニングです。しかし、エアロパーツの取り付けにより、車検に適合しないというケースがあります。

車検証にはクルマの全長、全幅、全高、重さが細かく記載されており、ユーザーの改造は、この数値を著しく損なわない範囲に限られています。具体的には、全長+3cm、全幅+4cm、全高+2cm、重量100kgまでの拡大や増加までは許されており、この基準を超えると、現在の車検証のままでは車検に通らなくなります。

車検適合エアロパーツ
クルマの全長、全幅、全高には、一定の拡大や増加が認められています。

SUV車が人気の昨今、特にボディサイズの拡大で違反となるケースが多いのが、オーバーフェンダーです。車両全幅を大きく変えてしまう商品があり、実際に拡大できる範囲の片側2cmを大幅に超えるものが後を絶ちません。SUVの足元をスタイリッシュに整えるオーバーフェンダーの装着には特に注意が必要で、商品自体の厚みが2cm以内であっても、実際に取り付けをしてみると全幅が4cm以上変わってしまうものもあります。こういった状態で車検を通すには、そもそものクルマの構造変更をかけなければなりません。非常に工数がかかり手間と時間とお金がかかるので、ルールの範囲を超えないようにエアロパーツを選んでいきましょう。

●ヘッドライトの色に注意

保安基準の中で、非常に細かくかつ厳しく規定をされているがライト類に関するものです。ライトの配置や配色については誤った認識も多くあり、簡単にできるDIYチューニングのひとつとして親しまれているのですが、違反が多い部分でもあります。

まず、ヘッドライトについてですが、平成18年1月1日以降に生産されたクルマは、全て「白色」である必要があります。これより古いクルマであれば、黄色のバルブをヘッドライトとして使用することができました。年式によりヘッドライトの色の許可範囲が異なることを理解しておきましょう。

ヘッドライトカラー
黄色のライトは全部ダメではなく、フォグでは利用可能です。

よく間違えられるのですが、ヘッドライトは黄色が使えませんが、フォグランプに黄色を使用することはできます。黄色いランプ=全て違反というわけではないので、黄色のライトをつけたい場合には、フォグランプバルブを黄色に変更すると良いでしょう。

●反射板やデイライトも違反に注意

乗用車に義務付けられている反射板の取り付けは、後方のみです。安全性の確保から、反射板をむやみやたらにクルマの車体に貼り付けるのも、車検に通らない要因となってしまいます。

後方のリフレクターの色は「赤」と決められており、さらにクルマの中心に対して左右対称に取り付けられなければなりません。リフレクターには白いものも売っていますが、これを車両後方に貼り付けては保安基準違反となります。最近ではエンブレムを光らせるDIYチューニングも多く存在しますが、その光に関しても、後方での白の使用は認められていません。

対して、車両前方には赤いリフレクターを装着することができません。デイライトでも同様に赤は認められません。車両前方に使える色は基本的に「白」が原則です。一部、青が認められるケースもありますが、クルマの光モノに関しては、後方が赤、前方が白と覚えておくといいでしょう。

●まとめ

パーツメーカーも工夫を凝らし、簡単取り付けができるアフターパーツが増えてきました。ユーザー自身の判断だけで、装着ができる装備の中には、無意識のうちに保安基準違反となってしまうものも多くあります。DIYは非常に楽しいものですが、迷ったら専門家の見解を確認し、法令に抵触しないようにクルマを楽しみましょう。

(文:佐々木 亘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事