トヨタ・C-HRがマイナーチェンジ。よりスタイリッシュな外観に変身し、待望の「GR SPORT」を新設定【新車】

●アグレッシブなスタイルをさらに強調し、走りの良さを堪能できる「GR SPORT」が新設定

2019年10月18日、トヨタの人気SUVであるC-HRがマイナーチェンジを受けました。プリウスに続いて「TNGA」が採用されたC-HRは、大胆なエクステリアデザイン、スポーティな走りが魅力。

トヨタ C-HR
マイナーチェンジを受けたトヨタC-HR。写真は新設定された「“GR SPORT”」

今回のマイナーチェンジで、よりワイドスタンスが強調されたフロント&リヤデザインが採用され、よりスタイリッシュなフォルムに変身しています。デザインは、エアインテークを左右に広げることでワイドスタンスを強調。フロントフォグランプがエアインテーク上部に配置されています。

トヨタ C-HR
マイナーチェンジでよりスタイリッシュになったトヨタC-HR

「G」「G-T」「S“GR SPORT”」「S-T“GR SPORT”」のヘッドライトは、上に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとしています。リヤコンビランプは、右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルランプとされています。

また、「GAZOO Racing」がモータースポーツなどで得たノウハウが市販モデルに活かされた「GR SPORT」が新設定されています。C-HRのアグレッシブなスタイルをさらに強調し、走りの良さを堪能できます。

1.2Lターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)が追加されたのも朗報です。カローラ・スポーツにも搭載されているiMTは、変速・発進操作をアシストし、クラッチ、シフト操作に合わせて最適なエンジン制御がされる技術です。

トヨタ C-HR
マイナーチェンジを受けたトヨタC-HRのインパネ

機能面では、ディスプレイオーディオ(DA)とDCMと呼ばれる車載通信機が全車に標準装備されています。これにより、コネクティビティが強化され、「SmartDeviceLink」に対応するTCスマホナビをはじめ、音楽やラジオアプリなどをDA上に表示可能になっています。

LINEカーナビでは音声認識で目的地設定やLINEメッセージの送受信、音楽再生が可能になります。ほかにも、オプションで「Apple CarPlay」「Android Auto」など普段使っているスマホ・アプリもDA上で操作、使用できます。

トヨタ C-HR
新規設定色として「エモーションレッドⅡ」を採用

安全装備では、駐車時などでのペダル踏み間違い事故に対応するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/静止物)、駐車場などで後退時に左右後方から接近する車両を検知し、ブレーキ制御まで盛り込まれているリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ/後方接近車両)、俯瞰映像などを映し出すパノラミックビューモニターなどがオプションで用意されています。

ボディカラーは、新規設定色の「エモーションレッドⅡ」「オレンジメタリック」など8色を含む全16色(モノトーンが8色、2トーンが8色、“GR SPORT”は全11色)。内装色には「オーキッドブラウン」が新設定されています。

トヨタ C-HR
新設定されたトヨタC-HRの「“GR SPORT”」

価格帯は、1.2Lターボの「S-T」が240万円〜259万8000円、「G-T」は266万5000円〜286万3000円、「S-T“GR SPORT”」は273万2000円。1.8Lハイブリッドは、273万円〜309万5000円です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタが海外で発売したSUV「カローラ クロス」を国内発表した理由とは?
「日本では買えない3列シートSUV」トヨタ・ハイランダーに試乗。日本では味わえない乗り味とは?
トヨタ 2000GT
今度はあのトヨタ 2000GT。A70/A80スープラに続いて補給部品を復刻へ
トヨタ・スペイド
トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】
トヨタ
高齢ドライバーなどのペダル踏み間違いを防止!急加速事故を抑制する後付けシステム「踏み間違い加速抑制システムⅡ」をトヨタが発売開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事