全長5.3mの日本最大ミニバンが東京モーターショーで展示【トヨタ グランエース登場】

グランエース

●ディーゼル 2.8Lエンジンを縦置き搭載。トヨタ グランエースが登場

日本最大のミニバン・トヨタ グランエースが登場します。これは2019年中に発売予定の車両で、東京モーターショー2019のトヨタ車体ブースに展示されます。

グランエース
ホイールベースは約3.2m

特徴は全長5.3m、全幅1.97m、全高1.99mの超巨大な車体です。

グランエース
リアサスは新開発のトレーリングリンク式です

フロントにディーゼル 2.8Lエンジンを縦置き搭載し、後輪を駆動するFR方式となっています。トランスミッションは6ATです。

グランエース
エンジンは1GD型クリーンディーゼル

フロントでは、LEDのデイタイムランニングランプとプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが目立ちます。巨大な面積のメッキグリルも特徴です。

グランエース
トレッドは前後とも1670mmです

フロントウィンドウ上方にセットされている小さなボックスは車体情報用アンテナユニット。

グランエース
ルーフ上にあるのはアンテナユニット

リヤコンビライトも導光タイプの大きな造形のテールライトのほか、ブレーキやリバースランプもLED化されています。

グランエース
ハッチゲート上部にはスポイラーが付いています

インテリアは非常に質感が高いもの。ブラックを基調としたインストルメントパネルは、シルバーと木目の加飾が多くの箇所に配されていて高級な感じです。

グランエース
ATのシフトゲートはストレートタイプ。マニュアル操作も可能です

メーターはアナログタイプですが、シルバーのリングが装着されてクオォリティがアップされています。

センターのコンソール
センターのコンソールは木目の巨大なもの

センターコンソールはまるで机のように大きな面積のもの。表面には木目が張られています。その内部容量もとても大きいです。

グランエース
ボックスの内部には仕切りもあり使い勝手良好です

またシートは3列シート6人乗りのほか、4列シート(!)8人乗りの2タイプが設定されています。

グランエース
フロントシートのサイズはたっぷりとしたもの
グランエース
セカンドシートはキャプテンタイプ

シートはロングスライドレールによって前後に大きく動きます。

グランエース
サードシートも左右が独立したものです

(写真・動画・文/ウナ丼)

『東京モーターショー2019』の最新記事
未来の「プロボックス」!? トヨタの超小型EVビジネス向けコンセプトが発表【東京モーターショー2019】
来年に販売予定のトヨタ超小型EV。スタッドレスタイヤの装着を意識した現実的タイヤサイズを採用【東京モーターショー2019】
トヨタ 歩行領域 EV
トヨタがEVメーカーのトップランナーになる!? 超小型EVに加えて複数の歩行領域EVを2020年から2021年に発売
トヨタ 超小型EV
シティコミューターとして約100kmの走行が可能。2020年冬頃に発売されるトヨタの超小型EVが初公開【東京モーターショー2019】
トヨタ紡織 東京モーターショー
トヨタ紡織はトヨタグループと連携して近未来の移動空間を提案【東京モーターショー2019】
グランエース
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事