新型フィット、スーパーカブベースの「CT125」を世界初公開するホンダ【東京モーターショー2019】

●コンパクトな2モーターハイブリッドを搭載した新型フィットがワールドプレミア

ホンダの東京モーターショー2019の出展概要が発表されました。

クルマは新型「フィット」、オートバイはスーパーカブベースの「CT125」が世界初公開モデルで、大きな注目を集めるのは必至でしょう。ワールドプレミアとなる新型フィットのほか、ジャパンプレミアとして、2020年初めに発売が予定されている新型「アコード」、そしてEV専用車の「Honda e(ホンダ イー)」が公開されます。

東京モーターショー ホンダ
ホンダ・ブースのイメージ

また、以前お伝えしたように、10月にマイナーモデルチェンジとして発売が予告されている「フリード」、Hondaのフラッグシップであるスーパースポーツモデル「NSX」、日本の軽四輪車新車販売で4年連続で第1位を獲得している、現代の国民車といえる「N-BOX」シリーズなど、市販車も多数展示されます。

東京モーターショー ホンダ
10月にマイナーチェンジを受ける新型フリードが登場

注目の新型フィットは、今回で4代目を数えとなる、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによる広いキャビンと、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルには、より小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載。従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が「心地よい」と感じるような、日常をさらに豊かにするクルマとして生まれ変わるとしています。

東京モーターショー ホンダ
ホンダ・ブース最大の注目は新型フィットになりそう

新型アコードは、北米でのリリースを皮切りに、世界中の発売国・地域で多くの賞を受賞し、高い評価を得ているそうで、ついに日本市場にも登場します。ロー&ワイドなプロポーションと流麗なシルエットに、ゆとりある室内空間を実現したそう。美しいスタイリングや使い勝手の良さだけでなく、リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめる上級ハイブリッドセダンとして、2020年初めの日本での発売予定になっています。

東京モーターショー ホンダ
新型アコードをジャパンプレミア

2019年9月にフランクフルトモーターショーで量産モデルを公開された「Honda e」。日本では、2020年に発売されます。同社が提案する都市型コミューターとして、力強くクリーンな走りと取り回しの良さをモーターと後輪駆動で実現したとしています。2画面の大型タッチパネルモニターやドアミラーに代わるカメラミラーシステムが搭載されたほか、コネクテッド技術や先進のAIを用いた音声認識機能「Honda Personal Assistant(ホンダ パーソナル アシスタント)」でユーザーの移動と暮らしをシームレスに繋げることを目指したそう。

東京モーターショー ホンダ
ピュアEVの「Honda e」。写真は欧州仕様

マイナーチェンジを受けるフリードは、5ナンバーサイズの取り回しの良いコンパクトボディと、広い室内を維持しながら、デザインを刷新。さらに、クロスオーバースタイルのデザインで、遊び心と力強さを表現した新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が新たなラインアップに加わります。マイナーモデルチェンジモデルの発売直後となる東京モーターショーでは、市販車の展示が行われます。

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事