さらば「EJ20」型水平対向エンジン!! WRX STI EJ20 Final Editionのプロトタイプが公開【東京モーターショー2019】

SUBARU東京モーターショー

●名機・EJ20の生産終了を記念したWRX STIの限定モデルが555台限定で販売

日本市場向けのSUBARU WRX STIが環境規制対応のため、2019年末で受注を終了します。これは、1989年からスバルの主力エンジンだったEJ20型水平対向エンジンが今年度内に生産を終えることに伴う受注終了で、WRX STIというモデルは今後も残っていくそう。

当然ながら今後は代わりのエンジンがWRX STIに搭載されることになります。

SUBARU東京モーターショー
東京モーターショーに出展される「WRX STI EJ20 Final Edition」プロトタイプ

東京モーターショー2019では、EJ20型水平対向エンジンを積んだWRX STIの集大成と位置づける「WRX STI EJ20 Final Edition」のプロトタイプが公開されます。同エンジンは、初代レガシィを皮切りに多くの車種に採用され、世界ラリー選手権やニュルブルクリンク24時間レースをはじめとしたモータースポーツでも活躍してきた名機。

SUBARU東京モーターショー
EJ20型エンジン
SUBARU東京モーターショー
初代レガシィ

「EJ20 Final Edition」には、バランスドエンジンやゴールド塗装のBBS性19インチアルミホイールなど、EJ20を積んだ最終仕様にふさわしい特別な装備を採用したとしています。特別仕様車の「EJ20 Final Edition」は555台の抽選販売の予定とされています。なお、9月25日11:00に専用サイトがオープンしています。

(塚田勝弘)

『SUBARU・WRX』の最新記事
WRX S4前7/3スタイリング
デビューから5年が経った「スバル WRX S4」は、大人の落ち着き感に磨きをかけた
スバル南アフリカからWRX STIの限定車がデビュー。出力はメーカー系車輌最高の354PS!?
【新車】SUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が発売と同時に完売!?
【スバルWRX STI TYPE RA-R試乗】500台限定! S208をベースに価格を抑え、軽量化を図った走りは?
【新車】「S208」を超える!! 軽量化で走りを追求したSUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が500台限定で登場
SUBARU東京モーターショー
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事