韓国・ヒュンダイのコンパクトホットハッチ「i10N」を大予想!

●コンパクトボディに150馬力のパワー。ホットハッチに相応しい外観を備える「i10N」

先日、韓国・ヒュンダイの最小コンパクトモデル「i10」に設定されるハードコアモデル、「i10N」の開発車両を捉えましたが、今回はその市販型予想CGを入手しました。

ヒュンダイ i10 N 予想CG
ヒュンダイ i10N 予想CG

協力してくれたのは、ご存知ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」です。公開された予想CGでは、大型サイドエアインテークを備えたフロントバンパー、ブラック加工されたヘッドライト、赤いアクセントを取り入れたフロントエプロンやサイドスカート、そしてルーフマウントスポイラーも装備されるはずです。

ヒュンダイ i10 N 外観_001
ヒュンダイ i10 N 開発車両

VW「Up!」をライバルとするi10Nの心臓部には、ターボチャージャー付き直列3気筒あるいは直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は150psとも噂されています。

ヒュンダイの「N」は、高性能モデルに特化した新ブランドとして2015年に設立。2017年には第一弾として「i30N」が発表されています。ヒュンダイは現行ラインアップに順次「N」の設定を計画しており、i10Nの実現性は高いと見られます。

順調に開発が進めば、2021年にデビューが期待できそうです。

(APOLLO)

【関連記事】

ヒュンダイ・最小ハッチ「i10」に最強ブランド設定!? VW・Up!をライバルとする実力とは?
https://clicccar.com/2019/09/12/910709/

『Scoop』の最新記事
BMW X4_001
BMW X4大幅改良へ。大型ドットグリル装備車の正体は!?
メルセデス AMG SL63_006
次期ベンツSLの最新プロトをキャッチ。300SLデザイン継承へ! 2+2シートレイアウト採用の可能性も!?
ブガッティ新型ティザーイメージ_002
ブガッティ新型ハイパーカー「シロンSuper Sport 300+」、8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し1578psを発揮!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事