ヒュンダイ・最小ハッチ「i10」に最強ブランド設定!? VW・Up!をライバルとする実力とは?

ヒュンダイ i10N外観_004

●「N」モデルの拡充をすすめるヒュンダイ。「i10」にも設定へ

韓国・ヒュンダイは、エントリーモデル「i10」に設定されるスポーツモデル「i10 N Line」を発表しましたが、その頂点に君臨する「i10 N」の開発車両をカメラが捉えました。

i10は「アトスプライム/サントロ」の後継モデルとして2007年に登場。2010年9月には、i10をベースとしたフルEV「ブルーオン」が発表されています。

ヒュンダイ i10N外観_002
ヒュンダイ i10 N 開発車両

今回捉えた開発車両は、現在開発が進められている新型 i10には見られないデュアルエキゾーストパイプを装備するほか、バンパーの大型エアインテーク、センターキャップのあるスポーティな大径ホイール、新設計のラジエーターグリルなどが見てとれ、ハードコアモデル「i10N」の可能性がると思われます。

ヒュンダイ i10N外観_007
ヒュンダイ i10 N 開発車両

「N」は、同社の高性能モデルに特化した新ブランドとして2015年に設立。2017年には第一弾として『i30N』が発表されています。ヒュンダイは現行ラインアップに順次「N」の設定を計画しており、可能性は高いと言えるでしょう。

パワートレインは不明ですが、ターボチャージャー付き直列3気筒、または4気筒エンジンを搭載し、最高出力は150psと予想されています。ライバルはVW「Up!」とし、2020年のデビューを目指すことになりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
VW T7_006
VWの新型マルチバン「T7」、新プラットフォームが走りを変えた!?
メルセデスベンツGLC_005
大型化で7人乗りも登場か? メルセデス・ベンツGLC次期型をスクープ
ジェネシス G70_002
スプリットライトを採用し、テールライトも刷新。韓国・ジェネシスG70、初の大幅改良へ
ポルシェ カイエンクーペ_003
排気口が4つある!? ポルシェ最速カイエンクーペがニュルブルクリンクに出現
メルセデス AMG GTR_002
メルセデス AMG GTのトップモデル、2千万円超えのブラックシリーズがニュル再登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事