都市生活にちょうどいいSUV。マツダ CX-30がデビュー!【発表会動画あり/MAZDA CX-30登場】

CX-30と丸本社長

■CX-3よりも120mm長く、30mm広い

●リアシートの居住性と荷室容積は大きく向上

9月20日、マツダが新しいクロスオーバーSUV「CX-30」を発表しました。

CX-30を一言でいうと「都市生活にちょうどいいSUV」。都市部や都市近郊で暮らしていて、「マツダのSUVはカッコいいんだけど、CX-5じゃ大きすぎるしCX-3じゃちと小さい」と考えてきた方にぴったりの1台です。

ボディサイズをCX-3と比較すると、全長は120mm長い4395mm、全幅は30mm広い1795mm、ホイールベースは85mm長い2655mmといった具合。そのサイズ拡大の大部分はリアシートの居住性と荷室容量に充てられていますから、CX-3の「クーペ感」に迷いを感じていたお父様方にもぜひ一度試乗をおすすめします。

CX-30の価格は239万2500円~371万3600円です。

(文・写真:角田伸幸)

『マツダ・CX-30』の最新記事
CX-30・アイキャッチ
「稟」「艶」の融合とは? マツダCX-30はスタイルと居住性を両立させた最新の「魂動デザイン」
最近のマツダ流のシンプルで質感の高いテイストと滑らかな乗り心地が魅力【マツダ CX-30 試乗】
東京ミッドタウンに展示されるMAZDA CX-30
「MAZDA CX-30のデザインは10年かけて生まれた!」東京ミッドタウンに魂動デザインを「光の移ろい」で美しさを表現したアートが出現【ART OF LIGHT -reflection-】
マツダCX-30
新型MAZDA CX-30の新車装着タイヤにブリヂストン「TURANZA T005A」が選定
MAZDA CX-30にも搭載されたパイオニアの技術が光る「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」
CX-30と丸本社長
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事