都市生活にちょうどいいSUV。マツダ CX-30がデビュー!【発表会動画あり/MAZDA CX-30登場】

CX-30と丸本社長

■CX-3よりも120mm長く、30mm広い

●リアシートの居住性と荷室容積は大きく向上

9月20日、マツダが新しいクロスオーバーSUV「CX-30」を発表しました。

CX-30を一言でいうと「都市生活にちょうどいいSUV」。都市部や都市近郊で暮らしていて、「マツダのSUVはカッコいいんだけど、CX-5じゃ大きすぎるしCX-3じゃちと小さい」と考えてきた方にぴったりの1台です。

ボディサイズをCX-3と比較すると、全長は120mm長い4395mm、全幅は30mm広い1795mm、ホイールベースは85mm長い2655mmといった具合。そのサイズ拡大の大部分はリアシートの居住性と荷室容量に充てられていますから、CX-3の「クーペ感」に迷いを感じていたお父様方にもぜひ一度試乗をおすすめします。

CX-30の価格は239万2500円~371万3600円です。

(文・写真:角田伸幸)

『マツダ・CX-30』の最新記事
CX-30外観01
マツダ・CX-30のガソリン車とディーゼル車を乗り比べ。それぞれが異なるキャラクターを備える
最新CX-30でオフロードチャレンジ! サマータイヤで難なく走れる能力
マツダ CX-30
クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30にも「SPCCI」の「SKYACTIV-X」仕様が設定【新車】
ホンダ・ヴェゼルとマツダ・CX-30の「決定的な違い」とは? 全く異なる走りの2台【ヴェゼル&CX-30比較試乗】
インテリア比較で分かった使い勝手の大きな違いとは?【ヴェゼル&CX-30比較試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事