レガシィB4がマイナーチェンジ、お買い得な「B-SPORT」グレードを追加【新車】

■SUBARUのフラッグシップが11月に一部改良。スポーティな「B-SPORT」を新設定

2.5Lの水平対向4気筒エンジンを積むSUBARUのフラッグシップモデル「レガシィB4」が商品改良を発表しました。発売は2019年11月8日となっています。

SUBARUのコアテクノロジーである「シンメトリカルAWD」や先進運転支援システム「アイサイト」などには大きな変更は発表されていませんが、新たにブラウンレザーのインテリアを設定。洒落た雰囲気のキャビンを選べるようになっています。

Legacy B4 Limitedブラウン本革インテリア

さらにグリルやベゼル類をブラックとしてスポーティなムードを高めた新グレード「B-SPORT」を設定したこともニュース。

メーカー希望小売価格は、上級グレードのLimitedが330万円、B-SPORTは313万5000円(消費税10%込み)。ボディカラーは6色、クリスタルホワイト・パールとクリムゾンレッド・パールは3万3000円高となっています。

Legacy B4 B-SPORT

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】
2.0Lモデルは「e-BOXER」に統一。10%のモーターアシストと2つの新モードを擁する「X-MODE」で悪路走破性を向上【SUBARU XV試乗記】
ビッグマイナーチェンジで内・外装をリフレッシュ。乗り心地も向上させた走り【SUBARUインプレッサ試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事