レガシィB4がマイナーチェンジ、お買い得な「B-SPORT」グレードを追加【新車】

■SUBARUのフラッグシップが11月に一部改良。スポーティな「B-SPORT」を新設定

2.5Lの水平対向4気筒エンジンを積むSUBARUのフラッグシップモデル「レガシィB4」が商品改良を発表しました。発売は2019年11月8日となっています。

SUBARUのコアテクノロジーである「シンメトリカルAWD」や先進運転支援システム「アイサイト」などには大きな変更は発表されていませんが、新たにブラウンレザーのインテリアを設定。洒落た雰囲気のキャビンを選べるようになっています。

Legacy B4 Limitedブラウン本革インテリア

さらにグリルやベゼル類をブラックとしてスポーティなムードを高めた新グレード「B-SPORT」を設定したこともニュース。

メーカー希望小売価格は、上級グレードのLimitedが330万円、B-SPORTは313万5000円(消費税10%込み)。ボディカラーは6色、クリスタルホワイト・パールとクリムゾンレッド・パールは3万3000円高となっています。

Legacy B4 B-SPORT

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
SUBARU東京モーターショー
「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】
SUBARU東京モーターショー
インプレッサ スポーツのマイナーチェンジ、SUBARU XVの一部改良モデルも出展【東京モーターショー2019】
SUBARUブースの東京モーターショー
SUBARUから新型レヴォーグのプロトタイプが登場【東京モーターショー2019】
公式ツイッター(@TrollinMitaka)でつぶやくジョージ(常時)くん
スバルマニアが5時間は過ごせる三鷹「STIギャラリー」はこんな場所だった!【STI Gallery】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事