レガシィアウトバックに新グレード「B-SPORT」を追加。新色「クールグレーカーキ」は軽快【新車】

■電子制御「X-MODE」が2モードから選択可能に。悪路走破性を高めたフラッグシップSUV

クロスオーバーSUVのラインナップが充実しているSUBARU。そのフラッグシップといえるレガシィアウトバックが商品改良を発表、2019年11月8日より発売されます。

まず大きな変更点は、手ごろな価格の新グレード「B-SPORT」が用意されたこと。合わせて新色のクールグレーカーキが設定され、ボディカラーは全10色のラインナップとなっています。

LEGACY OUTBACK B-SPORT

さらに、最上級グレードの「Limited」にはブラウンレザー内装が新設定されました。よりカジュアルかつプレミアムな雰囲気を高めています。

LEGACY OUTBACK Limited用本革シート Brown Interior

機能面では、AWDを電子制御する「X-MODE」が2つのモードから選択可能になりました。雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時は「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時には「DEEP SNOW・MUD」を選べば、これまで以上の悪路走破性を味わうことができるというわけです。

LEGACY OUTBACK X-BREAK

メーカー希望小売価格は、B-SPORTが341万円、X-BREAKが346万5000円、Limitedが363万円(いずれも消費税10%込み)となっています。

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
冬の名物・SUBARUゲレンデタクシー2020の会場で「SUBARU冬のオフ会」が開催中!
STIパフォーマンスパーツを採用たインプレッサ スポーツに試乗。その仕上がりは?
新型レヴォーグSTI Sport(東京オートサロン)
最大熱効率40%超! スバル新型レヴォーグの1.8Lターボエンジンはリーンバーン採用で高効率を実現【SUBARU技術ミーティング】
SUBARUが2020年代前半にトヨタのTHSを使ったストロング・ハイブリッドを搭載へ。アイサイトはAIを使用
アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。新しくなったバンパーデザインでルックスも変更【最新インプレッサ スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事