レガシィアウトバックに新グレード「B-SPORT」を追加。新色「クールグレーカーキ」は軽快【新車】

■電子制御「X-MODE」が2モードから選択可能に。悪路走破性を高めたフラッグシップSUV

クロスオーバーSUVのラインナップが充実しているSUBARU。そのフラッグシップといえるレガシィアウトバックが商品改良を発表、2019年11月8日より発売されます。

まず大きな変更点は、手ごろな価格の新グレード「B-SPORT」が用意されたこと。合わせて新色のクールグレーカーキが設定され、ボディカラーは全10色のラインナップとなっています。

LEGACY OUTBACK B-SPORT

さらに、最上級グレードの「Limited」にはブラウンレザー内装が新設定されました。よりカジュアルかつプレミアムな雰囲気を高めています。

LEGACY OUTBACK Limited用本革シート Brown Interior

機能面では、AWDを電子制御する「X-MODE」が2つのモードから選択可能になりました。雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時は「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時には「DEEP SNOW・MUD」を選べば、これまで以上の悪路走破性を味わうことができるというわけです。

LEGACY OUTBACK X-BREAK

メーカー希望小売価格は、B-SPORTが341万円、X-BREAKが346万5000円、Limitedが363万円(いずれも消費税10%込み)となっています。

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん
名機・EJ20のラストイヤーに、スバルWRXが1100台以上も集結【WRXファンミーティング】
熟成極まったSUBARU レヴォーグに充実装備の特別仕様車「2.0GT EyeSight V-SPORT」が設定【新車】
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
SUBARU東京モーターショー
「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】
SUBARU東京モーターショー
インプレッサ スポーツのマイナーチェンジ、SUBARU XVの一部改良モデルも出展【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事