【新車】トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が一部改良を実施!! 「ITS Connect 路車間通信システム」や「ITS Connect 車群情報提供サービス」など自動運転にもつながる制御、機能を搭載

■安全性、輸送力、速達・定時性が向上

●乗客が非常停止させられる機能も

都バスで導入されているトヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が2019年8月6日に一部改良を受けました。今回の一部改良では、安全性、輸送力ならびに速達・定時性を向上させ、8月から販売を開始。路線バスとして活用される「SORA」は、稼働率も高く、常に高い安全性が求められることから、今回新たに、交差点の右折時にドライバーへの注意喚起を促す機能、ドライバーに急病などの異常が発生した際に、乗客が非常停止させられるシステムなどが搭載されています。

トヨタ自動車「SORA」
トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」

また、公共交通手段として重要である輸送力の向上と速達・定時性の両立を目指し、バスが連続して走行する際に、車両間の情報を相互に共有し、信号やバス停での分断を防ぐ機能も用意。

今回加わった「ITS Connect 路車間通信システム(DSSS:Driving Safety Support Systems)」は、路側装置と車両の通信により取得された対向車・歩行者情報、信号情報などを活用。ドライバーに注意喚起を促す機能です。

『トヨタ自動車』の最新記事

出演者
GRスープラとレースクイーンの競演! GR GARAGE東京三鷹でレースクイーン撮影会が開催
トヨタ自動車ソリューションサービス
「トヨタソリューションサービス」は社用車を利用する法人向けのソリューションサービス
トヨタHSR
ロボット分野でも生活を支える存在を目指すトヨタ自動車。「Preferred Networks」と共同で研究開発を実施へ
東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート
HamoRIDE
トヨタ自動車など3社が参加するカーシェアリング実証実験で安全運転ドライバーにポイントを付加
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事