スペックは公道を走れるF1! ボンドカーとして銀幕デビューが決まった「アストンマーティン・ヴァルハラ」

●ヴァルキリーファミリーの3番目のモデル「ヴァルハラ」が公開

2019年7月22日、東京青山にあるアストンマーティン青山ハイツにて、公道走行可能なハイパーカー「アストンマーティン・ヴァルハラ」がメディア向けに公開されました。

アストンマーティンでは、公道走行可能なウルトラカーの「ヴァルキリー」、サーキット専用の「ヴァルキリーAMR PRO」、公道走行可能なハイパーカーとして「ヴァルハラ」という3台のミッドエンジンハイパーカーが導入予定となっています。

そのヴァルキリーファミリーの3番目のモデルにあたるヴァルハラは世界500台限定で発売。しかしオーダーはその数を超えており、すでに完売となっています。ユーザーへのデリバリーは2021年後半から開始予定です。

ヴァルハラのボディは軽量・高剛性のカーボンファイバー構造をベースに製作され、最高のエアロダイナミクスを獲得するため、カーボンファイバー製ボディを纏っています。また、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズによって磨き抜かれたヴァルハラは、公道走行可能な車両として強大なレベルのダウンフォースを発生します。

ヴァルハラはすでに発表されているヴァルキリーよりも公道走行に適したボディデザインを採用しています。両車の最大の違いはコクピットの大きさで、ロードゴーイングマシンを意識したヴァルハラは利便性と快適性を向上させるというデザインコンセプトを採用、ドアは前方へ開くLMP1スタイルとなっています。さらにルーフセクションもドアと一緒に移動するために優れた乗降性を実現しています。

ヴァルハラに搭載されるパワートレインはV6エンジンをベースとしたハイブリッドシステムで、最高出力は1000psを目標としています。F1からフィードバックされた8速DCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)によって1000psというハイパワーを路面に伝達します。

新しいパワーユニットには、サーキット専用モデル・バルカンでも採用されているネクセル・シーリング。オイル・システムを採用。このオイルカートリッジはわずか90秒以内に交換することが可能で、交換されたオイルはその後精製され再利用が可能となっています。

コクピットは視覚的な複雑さをできるだけ取り除き、運転に集中できるユニークかつ刺激的でダイナミックな環境を創出する、大胆で新しいデザインと素材を採用しています。これは「APEXエルゴノミクス」と呼ばれ、ドライバーの背中の中心、ステアリング、ペダルそしてキャビン全体のその他のエレメントを配置して、完全に整列させることによりドライバー中心のコクピットを形成しています。

ステアリングコラムに取り付けられたディスプレイはステアリングホイールのリムによって遮られることのない優れた視認性を実現しています。インフォテインメントシステムは、最高の効率、機能性、シンプルさを実現するためにユーザーのスマートフォンを利用する“Bring-Your-Own Technology(BYOT)”が採用されています。

世界限定500台のヴァルハラですが、車両本体価格は約1億5000万円と言われています。高い空力性能やハイパワーなパワートレインにより公道を走行可能なF1とも言えるヴァルハラ。日本にも数台入ってくると言われています。このヴァルハラを公道で見られること自体ラッキーでしょう。

実物は見られない可能性は高いですが、女性がジェームス・ボンドを演じることで話題の映画007のボンドカーとして銀幕デビューも決まっていますので、こちらでヴァルハラの走りを楽しむというのもいいでしょう。

(萩原文博)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事