【新型ホンダN-WGN登場】「いかつい」マスクへのアンチテーゼ!? 威圧感を抱かせない親しみやすい顔つきがウケるか?

●「暮らしになじむデザイン」だからこそ、ベースグレードを普段使いしたい

最近は登録車のみならず、軽自動車まで大型フロントグリルなどを備えた「いかつい」フロントマスクが幅を利かせている印象を受けます。こうしたモデルが売れている現実がある一方で、もう少しスマートで肩の力が抜けたクルマが欲しいというニーズもあるはず。

軽自動車の場合、こうしたクルマは急にキュート系になってしまいがちで、デザインや質感表現の難しさを感じさせます。

ホンダの新型N-WGNは「暮らしになじむデザイン」をテーマに掲げているだけあって、老若男女を問わず幅広い層に受け入れられそうな顔つきが印象的。全体に丸っこさを感じさせるフォルムですが、キュートすぎず、N-WGNカスタムはキリッとした表情になっています。

丸型ヘッドライトが印象的な新型N-WGNは、N-ONEや2代目N-BOXに共通する先進性と親しみやすさを表現したとしています。ウインカーは丸目に被さる量を微調整して決定するなど、力んでいるわけでも、緩んでいるわけでもない表情を生み出しています。

大型グリルが多くなっている軽自動車の中でも必要な分だけ空けたという、控えめな口になっています。大口を開けたモデルが売れている、あるいは多くなっている中でどれだけ支持されるか気になるところ。

サイドビューは、キリッとしたラインで見せるのではなく、ふっくらとした面で構成されています。フロントからリヤまで「かたまりの芯」を配していて、キャラクターラインや折り目に頼らず、内側からしっかりと支える方法を採用したとしています。

おおらかな面でありながらもボンネットやフェンダー、ピラーなどにある線(ライン)をうっすらと削り取ったような面にすることで、フォルム全体を豊かにする工夫が凝らされています。

リヤビューも小さめの縦型コンビランプを両サイドの中央に配し、重みがタイヤに乗り、どっしりと地面を踏みしめるような安定感のあるたたずまいが表現されたそう。

足元では、アルミホイールに見える造形や質感ではなく、ホイールキャップとして魅力的に見える形を追求したというのも潔さを感じさせます。また、細部では、フューエルリッドに凹みを設けていて、これは「押したくなる凹み」としてデザインされています。

こうした新型N-WGNの魅力は、上級グレードだけでなく素の仕様でも十分に表現されているように感じられます。装備的に納得できるのであれば、上位グレードにこだわる必要はないかもしれません。

(文/写真 塚田勝弘)

『ホンダ・N-WGN』の最新記事
最新の「ホンダ・センシング」を標準装備、お買い得感も魅力的なN-WGN【ホンダN-WGN試乗記】
NワゴンL_後ろ7-3スタイリング
ライバルの一歩先を行く、クラスを超えた仕上がり。実用的なNAモデルでも十二分な走り【ホンダNワゴン Lホンダセンシング試乗】
Nワゴン リヤ7/3スタイリング
どうなるフィット!? ターボならばコンパクトカーにも匹敵する性能【ホンダ N-WGN カスタムターボ ホンダセンシング試乗】
N-WGNアイキャッチ
日本の軽文化を肯定した「素直なカタチ」にしたい。新型N-WGNのシンプル・デザインとは?
無限N-WGNのフロントマスク
「我が城」がコンセプト! 無限のアイテムで新型N-WGNを威風堂々にイメージチェンジ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事