ヒストリックカーに合うマイルドな乗り心地とクラシカルな見た目が魅力の「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」が横浜ゴムから登場

●ヒストリックカーの乗り味を損なわないマイルドな乗り心地と安全性を提供

2019年7月12日、横浜ゴムが誇る歴史的なブランド「G.T.SPECIAL」の名が冠された「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」が発売されました。

ヒストリックカーに最適なマイルドな乗り心地、クラシックなトレッドパターンとサイドデザインを合わせ持つタイヤで、サイズは165/80R15 87H、165/80R14 85S 、175/80R14 88Sの全3サイズ。価格はオープン。

現在「G.T.SPECIAL」の145/80R10 69Sが販売されていますが、「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」とは異なる商品で、サイドデザインも異なっています。

「G.T.SPECIAL」は1967年に「ラジアル時代をリードする」をキャッチフレーズに、ヨコハマ初の乗用車向けラジアルタイヤ用ブランドとして登場。1960~1970年代のモータリゼーションを牽引した横浜ゴムの歴史的なブランドです。

今回発売される「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」は、1960~1970年代の日本や欧州の歴史的なクルマに相応しいクラシックな外観に加えて、進化した現代技術によりヒストリックカーの乗り味を損なわないマイルドな乗り心地と安全性を提供するとしています。

「原点回帰」を命題に掲げる、ヨコハマタイヤのこだわりが凝縮された懐かしのタイヤを手に入れることで、当時の躍動を取り戻すことができるのが同社のヒストリックカー向けタイヤ。

横浜ゴムは同じくヒストリックカー向けに「ADVAN HF Type D」を復刻し、2017年より日本国内で販売しています。こうしたヒストリックカー向けタイヤを投入することで、自動車文化を守るという姿勢を打ち出しています。なお、2019年7月12日には、クラシックカー向けのタイヤとしてスポーティタイヤの「A539」も発売されています。

(塚田勝弘)

『横浜ゴム』の最新記事
ヨコハマタイヤ AVID S34RV
横浜ゴムの「AVID S34RV」がクライスラー・ボイジャー 2020年モデルの新車装着タイヤに採用
スポンジ式ノイズキャンセル
気になるタイヤノイズをスッキリ消す技術とは?【横浜ゴム・スポンジによる空洞共鳴音の低減】
導電スリット現物
タイヤが黒いのはなぜ? シリカを配合するとタイヤはどう進化するの?【横浜ゴム・シリカ配合技術勉強会】
GEOLANDAR X-AT 装着
かゆいところに手が届く。横浜ゴムが「ジオランダーG003&X-AT」に軽自動車用サイズを設定
BluEarth-Vanイメージ
商用車にも「BluEarth」。耐摩耗性20%・ウエット制動性能6%アップの「ブルーアースバン RY55」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事