一度乗ってしまったらノーマルでは納得できない!? この足まわりを標準にするべき【ステップワゴン・ハイブリッド・モデューロX試乗】

●この足は絶対に買い。装備を考えたら価格差も納得のモデューロX

5ナンバー系ミニバンは生活に密着したクルマと言っても問題ないでしょう。今回試乗したステップワゴン・ハイブリッド・モデューロXはベースがスパーダなので、全長が4.7mを超える3ナンバーとなりますが、全幅は1695mmで5ナンバー系と表現しています。スパーダではないステップワゴンは紛れもない5ナンバーです。

ミニバンは多人数が乗れたり、大きな荷物が積めたりということが最大の魅力です。そして家族で旅行に行ったり、キャンプに行ったりと、さまざまな思い出作りをするクルマなのですが、後席乗員のための名のもと、ハンドリングは犠牲にされてきました。

そうした歴史、そうした風潮のなかでも、ホンダは比較的ハンドリングにも重きを置いたクルマ作りをしてきました。初代オデッセイなどは、それまでの多人数乗車モデルとはまったく違ったハンドリングで、大ヒットとなったクルマです。

現行のステップワゴンも決して悪い印象ではなかったのですが、このスパーダXに乗ってしまったら、もうノーマルじゃあ納得できないという感じです。

なにより、真っ直ぐ走らせているときのステアリングの座りがいい。どっしりとしたフィーリングで、巡航がとても楽なのです。そして、コーナリングのフィーリングもマルです。ステアリングを切り始めの反応はいいのですが、過敏さはありません。

ステアリングを切って、いきなりクルマが動き出すのではなく、初期はゆったりとしていて、そこからキッチリ曲がっていきます。それでいて乗り心地には硬さがありません。

ノーマルでこのフィーリングを出して、ダメ出しをする人って100人中何人いるのだろう? って考えます。たぶん、そんなにいないはずです。乗り比べたら「モデューロXがいい」という人が圧倒的に多いと思います。なぜ最初からこの仕様で出さないのか? 不思議でなりません。この足は絶対に買いです。

ステップワゴン・ハイブリッド・モデューロXの価格は399万6000円です。ベースとなったスパーダハイブリッドG・EXホンダセンシングが355万9680円なので、価格差は43万6320円となります。装備品を列記すると下記のようになります。

・エクステリア
○専用フロントグリル
○専用フロントエアロバンパー
○専用サスペンション
○16インチアルミホイール<ハイブリッド車>
○専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装)<ガソリン車>
○ブラックホイールナット
○専用テールゲートスポイラー
○専用リアコンビネーションランプ
○専用フロントビームライト
○専用ドアミラー
○専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)
○専用エンジンアンダーカバー
○専用リアロアーディフューザー
○専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)
○リアコーナーガーニッシュ(ボディー同色)

・インテリア
○専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調+シルバーモールディング)
○専用本革巻ステアリングホイール
○専用本革巻セレクトレバー<ガソリン車>
○専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)
○専用フロアカーペットマット
○ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)※10インチ プレミアム インターナビ装着車は、36万720円高。

モデューロのショック&スプリングは12~13万円程度の価格ですから、50万円以下でこれだけの装備が得られるのはかなりのお買い得感があるといえるでしょう。

(文/写真・諸星陽一)

『ホンダアクセス』の最新記事
Modulo開発ドライバーのドリキンこと土屋圭市さん
助手席で笑いっぱなし! ドリキン土屋圭市さんがドライブするホンダS660 Modulo Xの横に乗ってみた【Modulo体感試乗会】
Modulo Drago CORSE 034号車
【SUZUKA 10H】日本初のレーシングカー市内パレードから始まったSUZUKA 10Hを「Modulo Drago CORSE 034号車」はどう闘った?(PR)
モデューロ試乗会in富山_02
【Modulo体感試乗会】豪華すぎるプログラムとゲスト陣で全員笑顔に! 参加者が感じたModulo Xの魅力とは?(PR)
タイのホンダユーザーは優しい? HONDA BANGKOK OWNER’S MEETINGに土屋圭市さんが登場
ホンダアクセスが「あおり運転」「ナンバープレート盗難」抑止の啓蒙活動を実施
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事