横浜ゴムが海外向けのスポーティタイヤ「A539」を日本国内のヒストリックカー愛好家に向けて発売開始

●クルマを愛してやまない人たちへ。横浜ゴムがヒストリックカータイヤを発売開始

ヒストリックカーの愛好家に向けてタイヤをリリースしているヨコハマタイヤ。

2019年7月12日、海外向けスポーティタイヤ「A539」が、ヒストリックカー向けタイヤとして日本国内で発売されました。サイズは185/50R14 77V、175/60R14 79H 、175/50R13 72V、175/60R13 77H、185/60R13 80H、165/60R12 71Hの全6サイズとなっています。価格はオープン。

特徴的なパターンデザインを持った「A539」は、スポーティタイヤで、2000年に海外向け商品として発売し、欧州を中心に熱心なファンから絶大な支持を得ているそう。

日本国内のヒストリックカー愛好家からも特徴的なデザインと、保有しているサイズから販売を求める声が多く寄せられていたことから、今回日本市場への導入が決定したそう。走行性能と快適性のバランスを追求した非対称パターンの採用により、コーナリングでの安定性、爽快感のある走りを引き出すとしています。

横浜ゴムは、2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」のタイヤ消費財戦略において「ホビータイヤ戦略」を掲げ、レースやクラシックカーなど、クルマ好きの趣味に対応する新商品の開発と、既存商品のサイズラインアップ拡充を推進しています。

横浜ゴムは同じくヒストリックカー向けに「ADVAN HF Type D」を復刻し、2017年から日本市場に投入済み。同社は、ヒストリックカー向けに適したタイヤの開発、供給を継続することで、クルマを愛してやまない人たちとともにクルマ文化を支えていくと表明しています。

(塚田勝弘)

『横浜ゴム』の最新記事

ジオランダーX-AT ラプター 走り
アグレッシブなデザインからは想像できないオン-オフ性能を両立させた、横浜ゴム・ジオランダーX-AT
ジオランダーX-AT2本置き
かっこよくて乗り心地も上級。待っていたクロカンタイヤ、横浜ゴム・ジオランダーX-ATが登場
ジオランダーX-CVを装着したアウディ
【YOKOHAMA GEOLANDAR X-CV & AUDI Q5試乗】明らかに乗り心地よく、ヨレ感もない…新SUV用タイヤ「横浜ゴム ジオランダー X-CV」の真価とは?(PR)
横浜ゴム「GEOLANDAR X-AT」が新登場。オフロードチューニングやドレスアップ向けのSUV・ピックアップトラック用タイヤ
コミュニティバス用オールシーズンタイヤ・横浜ゴム「LT751R」は耐摩耗・耐偏摩耗性能を向上
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事