【レクサス・NX試乗】レクサスらしさが伝わるミドルクラスSUV

●音を出さないのではなく、音の処理が上手なレクサス・NX

レクサス・NXはUXとRXの間に位置するミドルクラスのSUVで、ハリアーと共通するプラットフォームを持つモデルです。用意されるパワーユニットは2リットルターボと2.5リットルハイブリッドの2種です。

試乗機会があったのは2.5リットルハイブリッドです。しっとりとして、それでいて力強い印象を与えてくれる部分はハイブリッドのいいところを上手に使っている印象です。

モーターアシストがクルマの動きを上質にしているところは味付けが上手な部分と言えるでしょう。ハリアーなら多少荒々しいほうがキャラクターに合っているでしょうが、レクサスだとそこの部分はうまく処理する必要があります。

また、静粛性が高い部分も大きく評価したい部分です。最近のクルマは総じて静かです。それは車外騒音に対する規制が非常に厳しくなっているからです。この規制をクリアすればおのずと車内も静かになるのですが、NXはそのうえでさらに静かです。

発進時はEV走行になり、ゆっくりとアクセルを踏んでいればそのままエンジンは始動せずに加速していきます。当然エンジン音はしないのですが、EV走行時はエンジン音がカバーしてくれないぶん、タイヤノイズなどが気になるものですが、そうした音もほとんど気にならないレベルです。音がしないのではなく、音の処理が上手なのでしょう。

乗り心地もゆったり感があり余裕を感じます。装着タイヤは225/60R18のブリヂストンデューラーH/L33です。最近の上級モデルはどんどんタイヤの扁平率がダウンする傾向にありますが、NXは60%扁平となっています。このタイヤの設定もいいのでしょう。デザイン的にはホイール径が大きいと締まりますが、どうしても乗り心地はピーキーになりがちです。

2019年のマイナーチェンジではプリクラッシュセーフティを進化させたほか、ACCに車線維持支援機能(レーントレーシングアシスト=LTA)を追加。LTAの作動時も急激なステアリング操作を感じることなく、素直にクルマを車線内走行に補正してくれます。また、アンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(ACA)が付いたことで、コーナリング時の膨らみが抑えられ、すっきりとした走りが可能になっています。

(文/写真・諸星陽一)

『LEXUS』の最新記事

レクサスES300hのフロントフェイス
目玉商品の「デジタルアウターミラー」だが、20万円を支払ってまで欲しいとは思えない レクサスES300hバージョンL 後篇【プレミアムカー定点観測試乗】
徹底的に磨き上げられた「普通」 レクサスES300hバージョンL 前篇【プレミアムカー定点観測試乗】
レクサス・LXをさらに豪華に。北米専用の「スポーツパッケージ」が発売
レクサスが2019年上半期の全世界販売実績を発表。上半期過去最高の販売実績を記録
LEXUSが今年も陸と空で共演!室屋義秀選手が富士でフライトパフォーマンスを披露【SUPER GT 2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事