【ボルボXC90 D5試乗】ディーゼルのトルクだけじゃない、発進時からのスッキリした加速感の理由とは?

● 超ユニーク!「空気で回すターボ」で発進時の過給を可能に

ボルボのフラッグシップモデルとなるXC90に、ディーゼルエンジンのD5が追加設定されました。XC90は2002年に初代がデビュー、現行となる2代目は2016年に日本に導入されました。

2代目XC90はピュアエンジンとハイブリッドの設定でした。そこにディーゼルエンジンを追加したという流れです。しかし、ボルボはディーゼルエンジンの開発をストップしたとアナウンスしているので、これが最後のディーゼルと考えることができます。

XC90 D5のエンジンは2リットルターボディーゼルで235馬力・480Nmのスペック。乗り込んでエンジンを始動しても、とくにディーゼルらしい振動やノイズを感じることはありません。運転席のウインドウを開けてみると、ちょっとディーゼルらしい音が聞こえてきますが、さほど気になるレベルではありません。

発進時からスッキリと加速が始まる気持ちのいいエンジンです。じつはこの発進時からのスッキリした加速感にはちょっとしたワザがあるのです。

この2リットルディーゼルはターボ付きです。ターボは排気を利用して、空気をシリンダーに押し込み(過給し)ます。ですので通常は発進時は過給が行われないのですが、XC90のエンジンではコンプレッサーを使ってタンクに空気を圧縮貯蔵。発進時はその圧縮空気でターボを回して過給しているのです。

大きな過給は得られませんが、発進時の遅れをアシストするくらいは十分というわけです。

エンジンの回転上昇はスッキリとしたもの。現代のディーゼルエンジンらしく、回転上昇もスムーズでフリクションを感じさせません。それでいてトルクがしっかりと付いてくるので、運転はじつにしやすい。2トンのボディを物ともせず、勾配のキツい登り坂でも力強く加速するところは、なかなか感心させられます。

試乗車はエアサス仕様だったのですが、これも意外はほどしっかりと引き締まった印象です。もはやエアサス・イコール・ブワブワフィールという時代ではなくなっています。ワインディングでもハンドリングに不安はなく、しっかりと走ることができました。

(文/写真・諸星陽一)

『ボルボ』の最新記事
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
ボルボ XC90がマイナーチェンジ。自慢の安全装備を強化し、特別仕様車の「XC90 D5 AWD R-Design」も設定【新車】
ボルボV90/V90クロスカントリー
ボルボ V90/V90クロスカントリーが一部改良。衝突被害軽減ブレーキにステアリングサポートを追加【新車】
ボルボV60ツインエンジン  正面スタイリング
ボルボ V60 T6 ツインエンジンは、48VのPHVシステムを採用したプレミアムステーションワゴン
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事