【ボルボXC90 D5試乗】 さすがのユーティリティ。アウトドアの遊び道具を余裕で詰める広大な室内

●贅沢なグランピングでも遊び道具は必須。人も荷物も優雅に運べるXC90

3列シートモデルをラインアップするボルボのXC90。ボディサイズは全長4950mm、全幅1930mmとビッグで、さそのユーティリティ性はかなりの高さとなっています。

XC90のシート配列は前から2、3、2名の7名定員です。サードシートは1名分ずつを前倒ししてフラットにすることができます。D5でのデータが見つからないので、ガソリン車のデータを紹介すると定員乗車時のラゲッジルーム容量は314リットル、サードシート2席を収納すると692リットルまで拡大できます。ガソリン車とディーゼル車でラゲッジルーム容量が違うことはまずないでしょう。


セカンドシート、サードシートすべてを倒した際の容量は1868リットル(ガソリン車)です。XC90のセカンドシートは1席ずつを前倒しできます。つまり、セカンドシートのセンターのみを倒すことも可能です。この倒し方をすると、長尺物が積めるのはもちろんのなのですが、ちょっとしたセパレートシートっぽい感じになるのもなかなかいいものです。

それにしてもフルラゲッジにしたときの広大なラゲッジルームにはかなりのビックリ感があります。最近はキャンプといっても、贅沢なグランピングが人気。テントやコンロなどはグランピング施設に用意されているだろうけど、やっぱりアウトドアではいろいろな遊び道具を使いたいもの。そうしたときに、この広大なラゲッジルームはとてもありがたいものとなることでしょう。

(文/写真・諸星陽一)

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事