【ボルボXC90 D5試乗】ビッグボディながら柔和な顔付きはまるで大仏のよう

●周囲に威圧感を与えず、それでいてボディの大きさを主張するデザイン

現在のボルボのラインアップでフラッグシップとなるのが3列シートのXC90。全長4950mm、全幅1930mmというビッグなボディに3列のシートを配置するSUVです。このXC90にディーゼルエンジンが搭載されました。

試乗は箱根の強羅近くのホテルをベースに周辺を回るものです。ホテル周辺の道路は狭く、2mに迫る全幅をもつボディはちょっと持て余します。ただし、視線は高く、ボディの形状もスクエア、そして見切りのよさ、各種デバイスのおかげで、物理的に通れる道ならばさほどストレスを感じることなく走ることができます。

さすがにこのサイズになるとクルマの大きさは周囲にも伝わります。ちょっと狭い道でのすれ違いとなれば、相手も気を遣ってくれるレベルの大きさなので、すまないなと思いつつもちょっと楽だったりします。

しかもボルボの顔付きは大きさを主張するものの、威圧感が少ないのがいいのです。国産車の大きいクルマはオラオラ系の威圧感の強いクルマが多く、普通に待っていても「オラ、どけ」的な印象を与えている感じがしてしまうのです。

グリルも大きく、ヘッドライトもサイドに回り込むタイプなので、車幅の大きさを主張する配置&デザインであることは間違いないのですが、各パーツのちょっとしたデザインがXC90の顔を柔和なものにしているのでしょう。

サイズが大きいクルマに乗りたいけど、威圧感のあるデザインは遠慮したいという人にはなかなかいい選択となるでしょう。大きくても、落ち着いた柔和な雰囲気はまるで大仏さんのようなのです。

(文/写真・諸星陽一)

『ボルボ』の最新記事
新型ボルボS60に30台限定で設定された「S60 T8 Polestar Engineered」は919万円でも即完売の勢い!?【新車】
ドイツプレミアム御三家に対抗できる動的質感と高い安全装備、少し小さくなったボディサイズが魅力【ボルボS60試乗】
ボルボ初の100%電気自動車「XC40 Recharge」は400馬力以上で400kmを走行可能【新車】
ボルボのガソリンエンジン
ボルボ・カーズからエンジン事業が独立、吉利汽車(ジーリー)と共に一大エンジンサプライヤー誕生。将来的にはロータスにも供給予定!
ボルボ XC40 EV外観_003
ボルボ初の量産EV「XC40」のデビューは10月16日。ティザースケッチが公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事