無限からシビック タイプR用のパーツがリリース。中止となった「MUGEN RC20GT」プロジェクトからフィードバック【週刊クルマのミライ】

■前後専用インセットの20インチホイールはトータルで10kgの軽量化を実現

FF世界最速をコンパクトに生まれたホンダ・シビック タイプR。その走りは世界中のチューナーを刺激してきました。ワークスチューナーである無限(M-TEC)は、究極のタイプRを目指し、空力デバイスとシャシーパーツを開発。「MUGEN RC20GT」というチューニングパッケージとして発売することもアナウンスしていました(画像は、東京オートサロン2019での「MUGEN RC20GT Package PreProduction」)。

エンジンには手を入れることなく、サスペンションとエアロダイナミクスによってサーキットでのラップタイムを削り取ろうという無限のアプローチは、まさにレーシングテクノロジー直系。GT車両と同じ設備によってカーボンパーツなどを生産することを前提としていたのです。しかし、その手法では当初の想定を遥かに超える価格となってしまうことが判明、残念ながら「MUGEN RC20GT Package」の発売は中止となってしまいました。

しかし、「MUGEN RC20GT」プロジェクトによって得られた知見をフィードバックすることでチューニングパーツを開発、このチューニングパッケージと同等のアルミホイールなどが市販されることになりました。その開発は無駄ではなかったのです。

たとえば、無限が用意するシビック タイプR専用アルミホイール「MDCF」は純正サイズの245/40ZR20タイヤに最適化しつつ、純正ホイールよりもトータル10kg(4本分)も軽量化しています。その意匠からも「MUGEN RC20GT」の開発によって得た知見から生まれたことは明確です。リム幅は8.5J、インセットはフロント用45、リヤ用53という専用設計ぶりも無限のこだわりを感じさせるホイールです。税抜き価格は15万円/本、2019年10月以降の発売を予定しています。

「MUGEN RC20GT」では、ヘッドライト以外はオリジナルのフロントマスクとなっていましたが、市販されるカスタムパーツでは、カーボンフロントグリルガーニッシュ(税抜き8万9000円)やフロントバンパーガーニッシュ(カラード仕上げ・税抜き4万円)、カーボンドアミラーカバー(税抜き5万9000円)といったディテールアップのアイテムを設定することで個性をアピールしています。

さらにアピアランス全体のイメージを変えるアイテムとしては、フロントアンダースポイラー/サイドガーニッシュ/リアアンダースポイラーからなるスタイリングセット(カラード仕上げ・税抜き21万6000円)も用意しています。そのほかカーボンエアロボンネット、ウイングスポイラー、カーボンウイングスポイラー、スポーツエキゾーストシステムなども開発中。これらは2019年10月頃に追加情報が発表される予定です。

インテリアでは、ドライカーボンとパンチングレザーを組み合わせたスポーツステアリング(税抜き8万1000円)やクイックシフター(税抜き3万3000円)といった機能部品を中心に設定。「もっとタイプRに」という商品開発コンセプトを具現化しています。

東京オートサロンなどで大いに注目され、多くのファンの期待を集めた「MUGEN RC20GT」の開発がストップしてしまったことは残念ですが、その知見を活かしてより現実的な価格のアイテムが用意されることは、無限&タイプRファンにとっては結果的にうれしい話となるのではないでしょうか。

(山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
サイプレスのブース(オートモーティブワールド2020)
オートモーティブワールドで、CASE時代を支える車載マイコンの世界を垣間見た【週刊クルマのミライ】
GRYARis_ST165
東京オートサロン2020で発表された「GRヤリス」。伝説になるために必要なものとは?【週刊クルマのミライ】
トヨタ・ヤリス AEB
2020年は先進安全デバイスを上手く利用して事故リスクを低減する時代【週刊クルマのミライ】
MAZDA CX-30 生産ライン
CX-30の初期受注が好調も、マツダの国内販売は前年比マイナス30.6%なわけ【週刊クルマのミライ】
スピード違反がなくなる? 標識を認識して速度を抑える装置のガイドラインが策定【週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事