710馬力にパワーアップされたランボルギーニ・ウルスのチューニングカーをABTが発表

●名門ABTの手によるウルスのチューニングカーが登場。カウンタックを置き去りに!?

アウディのチューニングで有名な独「ABT Sportline」(アプト スポーツライン)は、ランボルギーニのクロスオーバーSSV「ウルス」のチューニングカーを初公開しました

パワートレインを中心にカスタムした新作は、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力は+60psとなる710ps、最大トルクは910Nmを発揮、0-100km/h加速は3.4秒のパフォーマンスを誇ります。

これは4.0リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力375psを発揮するランボルギーニのアイコン「カウンタックLP400S」と比較すると、実に倍近い数値です。ウルスがSUVであることを考えると、自動車産業の進歩を実感できます。

エクステリアは実にシンプルです。フロントエンド、リアエンドともに目立ったエアロパーツは装着されておらず、ベースモデルのもつアグレッシブなデザインを尊重したものとなっています。

これまでABTは、アウディやVWのチューニングを中心にしてきましたが、このランボルギーニのカスタムにより、VW傘下のほぼ全てのモデルを強化する準備が整っていると言え、今後の新たなモデルが楽しみになってきました。

(APOLLO)

『ランボルギーニ』の最新記事
【ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ・スパイダー試乗】スーパーカーとしてはかなり乗りやすいタイプ!?
【ランボルギーニ・ウルス試乗】SUVとしての魅力・使い勝手もしっかりと持つ、不思議な「スーパーカー」SUV
ランボルギーニの次世代V10エンジンを搭載したウラカンEVOの写真が初公開
【新車】サーキットだけでなく公道も走行可能。スクアドラ・コルセ初のワンオフモデルとなる「ランボルギーニ SC18」が公開
【新車】ランボルギーニが提案する新しいモータースポーツ「スーパーSUVレース」用の「ウルスST-Xコンセプト」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事