コクピットがカッコよすぎます! GRスープラの市販レーサーGT4仕様は2020年に発売開始!

■スーパー耐久にも参戦できるGT4仕様。開発担当はドイツのトヨタモータースポーツ有限会社(TMG)

2020年にはスーパーGT500マシンとなることが発表済み、ニュルブルクリンクの24時間耐久レースに参戦するなどモータースポーツにも積極的なGRスープラに、また新たなモータースポーツ用マシンが登場します。

それが「GR Supra GT4」。名前の通り低コストで楽しめるカスタマーモータースポーツとして生まれたGT4カテゴリーに合致した市販レーシングマシンです。

開発を担うのはWECマシンの開発やWRC用エンジンなど世界選手権にもかかわるTMG。発売は2019年内ということで詳細なスペックは未公表ですが、avenol(油脂類)、Pirelli(タイヤ)とAkrapovič(排気系)といった名門ブランドとテクニカルパートナーシップを組んだことが発表され、内外装の画像も公開されています。

印象的なのはコクピットです。ジュネーブモーターショーで公開されたGT4コンセプトではオーソドックスな円形ステアリングホイールを装着していましたが、カーボンで作り込まれたインパネから生えているのは、いまどきのレーシングマシンらしい多機能ステアリングとなっています。トランスミッションはスポーツオートマチックのため足元は2ペダル仕様となっていることも確認できます。なお、エンジンは総排気量2997ccの6気筒ツインスクロールターボを搭載予定となっています。

ボディサイズは全長4460mm、全幅1855mm、全高1250mmと市販車の面影を十分以上に残しているGT4仕様。日本ではスーパー耐久シリーズのST-Zクラスに参戦できるであろうGRスープラGT4は、2020年に日本でその雄姿を見せることができるのでしょうか。

(山本晋也)

『トヨタ・スープラ』の最新記事
KINTOにGRスープラがお目見え! 税金も整備も任意保険も込みで月々5万8080円からと激安。気になるその中身は?
91スープラに進化!GRスープラがマイナーチェンジで約50psパワーアップの387psへ!!【GR Supra試乗】
GRスープラ トムス
TOM’SからGRスープラをアグレッシブに仕立てるスタイリングパーツ、エキゾーストシステムが新登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事