アストンマーティンDBXプロトタイプが牽引する赤いボックス。その意外な機能とは!?

今秋にも発表が予定されるアストンマーティン初のクロスオーバーSUV「DBX」の開発車両をカメラが捉えました。

キャッチしたプロトタイプは、コンパクトなトレーラーを牽引していますが、単なる走行テストではありません。赤いボックスには、ミルウォーキーに本社を置く会社「Taylor Dynamometer」と記されており、このトレーラーがダイナモメーターであることがわかります。

ダイナモメーターとは、エンジン単体の性能を測定する計測設備で、エンジンの出力を吸収し反力からトルクの計測などを行います。おそらく、DBXがエンジンと車輪に伝えられる力の量などを測定していると思われます。

パワートレインは、アストンマーティンが独自チューニングしたルセデスベンツ製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は510ps・最大トルク685Nmを発揮し、8速ATと組み合わされると予想されます。また高性能なハイブリッドモデルの設定も噂されており、駆動方式は全輪駆動システムとなる可能性も高いでしょう。

今回は、エクステリアとキャビン内を同時に撮影することができました。フロントエンドはかなりデザインが見えてきましたが、リアエンドは完全にガードされデザイン詳細は不明です。また室内には、HVACコントロール、ステアリング、インフォテインメントシステム、ロータリーコントローラーなど、パートナーであるメルセデスベンツのパーツを見つけることができます。しかし、一時的にはめ込まれたダミーの可能性もあり、市販型とは断定できないようです。

DBXは、今秋発表後、2020年から英国ウェールズ州セント・アサンに建設中の新工場で、量産を開始すると発表されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事