実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い!

●各社から発売予定の「GRスープラ」のミニカーを一挙公開!

5月17〜19日に東京・お台場にあるトヨタ自動車のアミューズメント施設「メガウェブ」内で開催された「Supra is back Japan fes」。一般公開に先駆けて、GRスープラの量産モデルが公開されました。

トヨタ自動車株式会社 副社長 兼 GAZOO Racing Companyプレジデント 友山茂樹氏は、発表会の中で「本日より受注を再開します」と発言。SNSではすぐに最寄りのGRGarageに足を運んだものの、「商談待ち」という事態に遭遇したという書き込みも見かけられました。大注目を集めているGRスープラ、「実車」を入手するには長い時間を要するようです。

では「ミニカー」はいかがでしょう? これだけ注目を集めているだけに、いくつかのミニカーメーカーが発売予定であることを発表しました。

すでに実車を発注し納車待ちの方、購入予定だけど注文するにはまだまだ時間がかかる方、「いつかはスープラ」と将来の愛車として年密な計画を立て始めた方など、GRスープラの虜になった人全てにオススメできるものばかりです。

■メイクアップ社:貴方だけのGR Supraを手元に

高級ミニカーを設計開発から製造販売まで一貫して手掛けるメイクアップ社(MAKE UP CO, LTD.)がこのイベントで1/43スケールのGRスープラのミニカーを初公開しました。

このミニカーは「GR collection」というGRブランドオフィシャルアイテムとして今夏に受注開始予定です。オフィシャルだけに「ボディカラー 8パターン × シートカラー 2パターン」という実車同様のコーディネートが可能です。つまり「自分のGRスープラ」を自分の部屋に飾って眺めることができる贅沢な一品です。

価格は未定ですが、少なくとも3万円以上だろうと予想されます。10cmも満たないものですが、実車に見劣りしない美しいボディラインと質感はGRスープラオーナー・ファンにとってお宝になること間違いなしです。

■タカラトミー社:初回生産ロットは競争率高し

子供から大人まで愛されているミニカーといえば「トミカ」。トミカにもGRスープラは登場します。このイベントでお披露目されたのは2色。近年のトミカは「初回特別仕様」が存在し、今年のニュルブルクリンク24時間レース参戦を記念して24台が限定抽選販売される「マットストームグレーメタリック」が初回生産限定カラーになり、以降は「プロミネンスレッド」仕様のみが販売されます。

8月発売予定で450円(税抜)。発売日のデパートのおもちゃ売り場は賑やかになりそうですね。

■イグニッションモデル:満足度高いビックスケールモデル

今年のオートサロンでも出展し人気を集めたミニカーブランド「イグニッションモデル」が、今回のイベントの前に静岡県で開催された「静岡ホビーショー」で1/18スケールでのGRスープラの未塗装のサンプルを公開しました。商品名は「GR SUPRA (A90) Matt storm Gray Metallic」。

カラーリングは限定色の「マットストームグレーメタリック」になります。まだ開発サンプルですが、1/18というビックスケールモデルだけに細かなディテールも再現されています。これからトヨタの監修の元に開発を進めていき、今年秋頃の発売を目指しています。価格は2万6500円(税抜)です。

いかがでしょうか? GRスープラに魅力にハマった人にとってはどれも入手したい一品ではないでしょうか。今後他のミニカーメーカーからも様々なGRスープラが登場するかもしれません。

今年のニュルブルクリンク24時間を走るレーシングモデルや来年のSUPER GT GT500仕様のマシンなど、新たなモデルに期待大です。

(栗原 淳)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【SZ-R編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「運動性能のバランスは一番!思い切りドライビングが楽しめる」
【SZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「SZは一般道で一番穏やかな動き。肩の力を抜いて付き合えるスポーツカー!」
【RZ編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「パワーオーバーに持っていける雰囲気はRZの真骨頂!」
ふと考えてみた。新型スープラの価格690万円は高いのか? あのクルマと比べるとどう!? 
【TOYOTA GR Supra試乗/渡辺敏史】新型「GRスープラ」は『らしい直6』か『軽やかな直4』か? SZ~RZの間には想像以上の差異がある
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事