フェアレディZの50周年記念車「フェアレディZ 50th Anniversary」は2020年3月末までの期間限定モデル【新車】

●伝説のレーシングカー「Datsun 240Z BRE」からインスパイアされた50周年記念モデル

日産・GT-Rの2020年モデル、ニスモ仕様、50周年記念モデルが発表された2019年4月17日、日産が誇るもう1台のスポーツモデル「フェアレディZ」の50周年記念車が発表されました。初代フェアレディZは、エレガントなフォルムが際立っていたオープンカーのダットサン・フェアレディのバトンを受け継ぎ、1969年に発売。

以降、フェアレディZはスポーティな走行性能やダイナミックなデザイン、見た目から想像するよりも高い実用性、そして比較的手が届きやすい価格もあって、北米で火がつき、日本でも人気を集めてきました。

フェアレディZ生誕50周年を記念した「フェアレディZ 50th Anniversary」は、1970年にアメリカの「SCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)」のレースを制した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現したとしています。

「フェアレディZ」のグレードをベースに、「ブリリアントホワイトパール(3P)」のボディに、「バイブラントレッド(C)」の組み合わせと、「ブリリアントシルバー(M)」のボディに、「ダイヤモンドブラック(P)」の組み合わせの2種類のボディカラーを設定。ほかにも、フロントフェンダーにステッカーを、リヤには50周年記念を象徴するバッジが配され、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチアルミホイールも目を惹きます。

内装には、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプが施されたアルカンターラ表皮のステアリングホイールをはじめ、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムが採用されています。また、シートやシフトノブまわり、メーター内に50周年記念ロゴが配されるなど、多くの専用装備で50周年の特別感を演出。

「フェアレディZ 50th Anniversary 」は、2020年3月末までの期間限定モデルとして今夏に発売予定で、現時点で価格はアナウンスされていません。

なお、「フェアレディZ 50th Anniversary」は、同時公開された「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデル、「NISSAN GT-R 50th Anniversary」とともに、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で展示されます。

(塚田勝弘)

『日産・フェアレディZ』の最新記事
6代目フェアレディZ(Z34型・2008(平成20)年12月)
5代目と似ていても中身は大刷新! いまも現役・10年超の長距離ランナー・6代目現行Z34【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・6代目現行Z34編】
5代目フェアレディZ (Z33型・2002(平成14)年7月)
名声復活・水面下で進んでいた新生Zプロジェクト! 21世紀をゆく5代目Z33【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・5代目Z33編】
4代目Z(Z32型・1989(平成元)年8月)
4代目フェアレディZ32型はスペック、先進性、品質感・・・すべてがZ史上トップ! バブル期と901活動の申し子だった【7代目新型フェアレディZ プロトタイプ発表記念・4代目Z32編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事