三菱・eKワゴン/eKクロスのOEタイヤにヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が選定

日産自動車のデイズとブランド違いの兄弟モデルである三菱自動車eKワゴン・eKクロス。広いキャビンをはじめ、高い静粛性やパワーアップを果たした走りが魅力で、軽ハイトワゴン市場をリードしていく存在になるのは間違いないでしょう。

新型eKワゴン、、とくにeKクロスは、独自デザインを強調したSUVテイストのクロスオーバーモデルであり、安全運転をサポートする先進運転支援技術を搭載したハイトワゴンタイプの軽自動車。

横浜ゴムは、その三菱eKワゴン、eKクロスの新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-FE AE30」の納入を開始したと発表しました。装着サイズは155/65R14 75S。

「BluEarth-FE AE30」は「環境性能のさらなる向上+人に社会にやさしい」をテーマに掲げたグローバルタイヤブランド「BluEarth」の低燃費スタンダードタイヤ。優れた低燃費性能を発揮するとともに、静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフなどの基本性能をハイレベルで両立したとしています。

横浜ゴムは、先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に推進していて、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

(塚田勝弘)

『三菱・eKワゴン』の最新記事
【三菱eKクロス試乗】静かで速くなり、しっとりとした乗り味も好印象
日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?
6年ぶりのフルモデルチェンジ。三菱・eKワゴン/eKクロスの発表会には竹内涼真さんも参加
新型eKワゴンの外観デザインとパッケージングの進化は?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
新型デリカD:5を彷彿とさせる新型eKクロスとはどんな軽自動車?【三菱eKワゴン/eKクロス登場】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事