【フィアット500X試乗】新エンジンの投入でより上質となったコンパクトSUV

フィアットのコンパクトSUV、500Xがマイナーチェンジ。エンジンを変更するなどしてその魅力をアップしました。

フィアット500Xは見た目はフィアット500に共通性のあるものですが、その成り立ちはずいぶんと異なります。フィアット500はフォードKaとプラットフォームを共有するモデルですが、500Xはジープ・レネゲードと共有するモデルです。スタイリングからはコンパクトさが伝わってきますが、じつはそのサイズは意外なほど大きく、全幅は1795mmにもなります。

2015年のデビュー時には4WDモデルも用意されていましたが、マイナーチェンジによって4WDは廃止。FFモデルに統一されました。グレードはベーシックモデルとなる500Xと上級の500Xクロスの2つですがベーシックは受注生産となるため、500Xクロスが基本モデルと考えていいでしょう。

エンジンは従来の1.4リットルターボから1.3リットルターボに変更されました。最高出力は11馬力アップの151馬力、最大トルクは40Nmアップの270Nmになっていますが、それ以上に感心するのが吹け上がりのフィーリングのよさです。アクセルをスッと踏むと滑らかにエンジン回転が上昇し、回転に呼応してトルクがついてきます。

気持ちいい加速感を生んでいるのはエンジンだけが要因ではありません。フィアット500Xの加速フィールをよくしている最大の要因とも言えるのが、ミッションです。500Xのミッションはデュアルクラッチ式AT(DCT)です。基本構造がMTとなるDCTは伝達効率が高く、デュアルクラッチによって変速速度がクイックなので、シフトアップ時にいやな減速感がありません。きれいに吹け上がるエンジンとDCTの組み合わせは500Xに上質な加速感と巡航感を与えています。

(文/写真・諸星陽一)

『フィアット』の最新記事
フィアット パンダ
日本には導入されていない仕様も。40周年を迎えたフィアット・パンダの魅力とは?
初代フィアット パンダ フロントイメージ テールゲート開
フィアット パンダが40年間750万台も愛され続けたワケとは? 初代〜3代目最新パンダコンフォートまで歴史を深堀りする
ベース車から20PSパワーアップされた240台限定車「595 Pista」、カブリオレの「595C Pista」が登場【新車】
コロッセオグレーをまとう90台限定のフィアット・パンダの限定車「Panda Comfort」が登場【新車】
FCA初のEVとして誕生した新型フィアット500の航続可能距離は320km【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事