メルセデスAMG、2021年から全モデルを電動化へ!

●AMG「GTブラックシリーズ」が最後の内燃機関モデルに?

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデル「AMG」は、2021年以降に発売されるすべてのモデルを電動化する方針であることがわかりました。

発表されたばかりの新型「GLS」のトップグレード「GLS580」では、AMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターの48Vマイルドハイブリッドが採用されており、すでに電動化が加速していることがわかります。

そのほかの注目モデルでは、2017年に初公開された4ドアクーペ「AMG GTコンセプト」が2020年にも市販化予定で、システム最高出力は805psを発揮するハイブリッドモデルとなります。そのほか、直列6気筒+電気モーターの「53」シリーズ、ハイパーカーの「AMG One」も電動化です。

先日スクープした史上最速のAMG「GTブラックシリーズ」では、最高出力650psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載とお伝えしていましたが、こちらは2020年発売予定のため、内燃機関エンジンが予想されます。同ブランドではV12エンジンの廃止を決定していますが、今後はV型8気筒+電気モーター「65」を新たな軸として展開していくようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想
メルセデス・ベンツの新型Cクラスは日産GT-R以上の空力特性をもつボディに
心臓部はランボルギーニ製。ポルシェ カイエンクーペに最強「GT5」設定の噂!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事