ポルシェ・マカンの新車装着タイヤに、ファルケンタイヤヨーロッパの「AZENIS FK510A SUV」が選定

住友ゴムのヨーロッパの販売会社であるファルケンタイヤヨーロッパは、ポルシェ・マカンの新車装着タイヤとして「AZENIS FK510A SUV」の納入を開始したと発表しました。

日本でも絶大な人気を誇るポルシェ・マカン。SUVの中でもハンドリングの良さ、快適性も求められるOEタイヤになります。今回、ファルケンタイヤヨーロッパにより装着されるファルケンの「AZENIS FK510A SUV」は、新プロファイルと接地圧を最適化したパターンデザイン、さらに同社独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN(フォーディーナノデザイン)」で開発したコンパウンドを採用。

これにより優れた操縦安定性能、ウエット性能および快適性能を実現し、バランスのとれた高い走行性能にも貢献するとしています。ファルケンタイヤヨーロッパのChristian Stolting(新車用タイヤ部門マネージャー)は、「今回のポルシェ・マカンへの新車装着タイヤAZENIS FK510A SUVの供給は、私たちのタイヤの品質が評価されたことで喜ばしいことです」とコメントしています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。