【新車】440馬力のV6ツインターボを搭載した「ポルシェ・カイエンSクーペ」が登場

●90km/hを超えるとリヤスポイラーが動く、スポーツSUVクーペの新グレード

ポルシェのスタイリッシュなクロスオーバーSUV「カイエンクーペ」に新グレードの登場です。

ベーシックなカイエンクーペ(最高出力250kW)とハイエンドなカイエンターボクーペ(最高出力404kW)の中間的なパフォーマンスを持つ「カイエンSクーペ」が追加設定されました。

カイエンSクーペの2.9L V6ツインターボは、最高出力324kW(440PS)・最大トルク550Nmのスペックを誇ります。

0-100km/h加速はわずか5秒。オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着すると4.9秒に短縮されるといいます。最高速度は263km/hで、もはや生粋のスポーツクーペといってもおかしくないスペックです。

このV6ターボエンジンは、バンク間にターボチャージャーを配する「センターターボレイアウト」を採用していることも特徴です。エンジンをコンパクトにするだけでなく、排気バルブから出た熱々の排気を、非常に短い距離でターボチャージャーに送り込めるレイアウトとなっています。

すなわち、ハイパワーターボながらエンジンレスポンスにも自信ありのエンジンというわけです。

クーペという名前にふさわしいスタイリッシュなボディではテールエンドに注目でしょう。ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)に含まれる「アダプティブリヤスポイラー」は、走行速度が90km/hを超えると、135mmまで高くなりダウンフォースを強め、後輪の接地性を高めるのです。

(山本晋也)

『ポルシェ』の最新記事

ポルシェ・マカンの新車装着タイヤに、ファルケンタイヤヨーロッパの「AZENIS FK510A SUV」が選定
【新車】ポルシェAGがクロスオーバーSUVのカイエンクーペに「カイエンSクーペ」を追加
天然素材を使ったボディを持つ、ポルシェの新しいGT4レーシングカー
【新車】新たなSUVでの成功への序章か!? ポルシェ・カイエンクーペが誕生
【新車試乗 ポルシェ911(992)】フルモデルチェンジで991から992となった八代目ポルシェ911は「MMBアーキテクチャー」でどう変わった?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事