平成生まれのクルマに乗ろう!2003年(平成15年)ダイハツタント【中古車】

2003年(平成15年)は2代目へと進化したトヨタプリウスやハリアーをはじめ、さらに熟成の進んだスバルレガシィ。おもてなしの心を散りばめた日産ティアナ、そして最後のロータリーエンジン搭載車RX-8が登場。また、軽自動車ではハイブリッド車を設定したスズキツインや独創的なデザインのスバルR2が登場。そしてこの年の1台として取り上げるのは軽スーパーハイトワゴンブームを築いたダイハツタントです。

2003年11月に登場した初代タントはFFレイアウトを採用し、当時軽自動車の中で2440mmという超ロングホイールベースを採用。また、軽最大の室内空間を実現させるため、全高は1700mmを突破しました。

初代モデルのリアドアはヒンジ式を採用。搭載されているエンジンは660ccの直列3気筒自然吸気とターボの2種類。軽自動車とは思えない室内空間の広さで、小さいお子さんのいるママに大人気となり、「ママワゴン」とも呼ばれました。

初代タントの中古車の現在の流通台数は約1,580台と非常に豊富。それでも3カ月前は約1,800台だったので減少傾向となっています。平均価格は3カ月前が約23万円。現在も約23万円で、まったくの横這いとなっており底値といえる状態です。平均走行距離も約9.7万kmで横這いとなっています。

初代タントの中古車価格帯は約1000円(乗り出し9.9万円)〜約84.8万円(応談を除く)と幅が広くなっています。グレードはカスタムXが最も多く、標準モデルの660L、660Xが続いています。

(萩原文博)

『平成リバイバル』の最新記事

平成生まれのクルマに乗ろう!2015年(平成27年)ホンダS660【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2014年(平成26年)トヨタMIRAI【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2013年(平成25年)スズキハスラー【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2012年(平成24年)マツダCX-5【中古車】
平成生まれのクルマに乗ろう!2011年(平成23年)ホンダN-BOX【中古車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事