充実した装備とファストバック化で得たユーティリティ向上【プジョー508試乗】

●プジョーの最上級モデルらしい装備とユーティリティ

従来のノッチバックスタイルからハッチバックスタイルとなった新型プジョー508は、充実した装備とボディタイプ変更によるユーティリティアップが大きな魅力となっています。

まずは508の価格です。508に1.6リットルのガソリンターボエンジンと2リットルのディールターボエンジンの2種が用意されます。ガソリンターボはベーシックモデルのアリュールと上級のGTライン、ディーゼルターボは上級のGT、計3種のモデルが用意されます。

GTとGTラインの装備は基本同一で、GTラインはシートがファブリック&ティップレザーのパワー、GTが運転席メモリー付きアルカンターラ&レザーのパワーとなるほか、アルミペダルの有無、メーター関連、デザイン違いのアルミホイールが採用される程度の差です。

現代のクルマに求められる走行関連機能であるアクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、アクティブブラインドスポットモニターシステム、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)、ディスタンスアラートなどは全車に標準装備されます。さらにGTラインとGTではナイトビジョン、フルパークアシスト、フロントカメラ付き360度ビジョンがナッパレザーシートとパノラミックサンルーフとともに65万円でオプション装着可能です。

クルーズコントロールは約0~180km/hで作動。アクティブセーフティブレーキの作動範囲は約5~140km/hで、約80km/hでは停止車両を約60km/h以下では歩行者を感知します。ナイトビジョンは赤外線カメラによって最大200m先の見えにくい歩行者や大型動物を映像化しヘッドアップディスプレイに表示し注意勧告をするシステム。フルパークアシストは車庫入れはもちろん、ステアリング、シフトチェンジ、アクセル、ブレーキのすべての操作がアシストされます。

オーディオは8インチタッチスクリーンが標準装備で、SDナビゲーションとETC2.0、テレビチューナーも標準です。さらにApple CarPlayにもAndroid Autoにも対応します。またGTラインとGTにはフォーカルのプレミアムHiFiシステムも装備となります。

ラゲッジ容量は定員乗車時で487リットルで、リヤシートは6対4分割方式を採っています。リヤシートを左右ともに倒した場合の最大容量は1537リットルと、セダン時代の先代508に比べて156リットルも拡大され、実用性が高められています。

基本装備の充実さを考えると500万円以下、とくにアリュールの417万円は買い得感があります。ただ、ナイトビジョンを装着するのにほかの装備とセットとなり、その価格が65万円というのはちょっと考えもの。

安全装備はほかの安全装備とのセットならまだしも、サンルーフなどとセットではなく、単独で選べるようにすることが大切だと考えます。

(文・諸星陽一/写真・前田恵介)

 

『プジョー』の最新記事
新型208とe-208
プジョーショー2019が19日から六本木ヒルズで開幕! 新型208&e-208とリフターを一足早くチェックできる
ルノー・カングーに最強のライバルが出現!? MPVのプジョー・リフターは先進安全装備を満載【新車】
日本登場予定の新型プジョー208/e-208、新コンセプトMPV「リフター」が六本木ヒルズで10月19日〜26日まで展示
2019年10月5日・6日に開催される「French Blue Meeting 2019」に、PSAグループの最新モデルが集結
プジョー ジャンゴ125が可愛い!見た目だけじゃなく機能はどうなのか、街乗り500km検証!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事