新CIを採用したアストンマーティンのディーラーが歴史のある横浜・山下町にオープン

2019年4月12日、翌日のグランドオープンを控えた「アストンマーティン横浜」で、プレス向けの公開イベントが開催されました。

アストンマーティン横浜は2019年4月13日にオープンした日本で6番目のディーラーとなります。今回のオープンにはイギリスからアストンマーティン ラゴンダ副社長でチーフ・マーケティングオフィサーのサイモン・スプロール氏も駆けつけ、「世界でも有名な横浜という都市にアストンマーティンのディーラーをオープンすることができ大変光栄に感じております。そしてアストンマーティンは今後セカンドセンチュリープランを推し進めていき、この新しいCIを採用したディーラーを中心として、横浜、神奈川の皆様にアストンマーティンの世界を発信していってもらいます」と語りました。

アストンマーティン横浜のCEOであり、グラーツオートモビール代表取締役の荒井 賢氏は「歴史のある横浜という地で、アストンマーティンの正規ディーラーをオープンすることは大変光栄なことです。ディーラーのオープンにあたって、店舗の場所に非常にこだわりました。その念願がかない異国情緒と歴史の重みが漂う山下町にオープンでき心から嬉しく感じております。今後は世界で最も美しいクルマであるアストンマーティンを愛する皆様に最高のサービスを提供していきたいと関係者全員で邁進していきます」と決意を語りました。

新しいCIを採用した初めてオープンしたアストンマーティン横浜にはボディカラーやシートのカラーを選べるコーナーをはじめ、棚にはバッグなどのグッズが置かれアストンマーティンの世界に浸ってクルマ選びを楽しむことができます。

メディアレビューが行われたショールームにはアストンマーティンCEOの荒井氏がオーダーしたグリーンのヴァンテージと、夜のパーティーで記念すべき納車第一号となるDBSスーパーレジェーラーが展示され、イベントに華を添えていました。

(萩原文博)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事