メルセデス・ベンツ 新型CLAシューティングブレークに、306馬力の「AMG 35」を設定

メルセデス・ベンツは、ジュネーブモーターショー2019でコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」の新型を発表したばかりですが、その高性能モデル「AMG A35シューティングブレーク」開発車両を早くもカメラが捉えました。

満を持して登場した2代目は、ロングノーズ、クーペのように流麗なルーフラインなど、ワゴンながらスポーツカーのデザイン要素を取り入れています。今回始めて捉えた「AMG」版には、より攻撃的なルックスが見てとれ、低いスポーツサスペンション、スポーティなバンパー、エアロキットを装備。リアエンドには、大型ルーフスポイラーや円形デュアルエキゾーストパイプ、ディフューザーが装着されているのか確認できます。

最新型のトップモデルには、最高出力225psを発揮する「CLA250」が設定されていますが、「AMG A35」では既に発表されている「AMG A35」同様、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンを搭載し、最高出力306ps・最大トルク400Nmを発揮。7速デュアルクラッチオートトランスミッションと4Matic全輪駆動システムを標準装備します。

コックピットには、最新世代のMBUXインフォテインメントシステムを搭載し、「Comfort」「Sport」「Individual」などのドライブモードを備えます。

「AMG CLA35シューティングブレーク」の世界公開の場は、2019年9月のフランクフルトモーターショーと予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事