TRDが仕立てた新型RAV4「Adventure」用パーツはタフな印象を強調する「フィールド・モンスター」

TRDが新型RAV4向けに選択したのは、最もSUVらしい「Adventure」。同グレードに最適なスタイル「Field Monster(フィールド・モンスター)」を掲げ、ベース車の持つタフな世界観をより強調するスタイリングとされています。

より武骨なバンパー・オーバーフェンダーと、サイドデカールが目を惹くカジュアルな装いとのコントラストが印象的で、ストリートで本格アウトドアウェアを着こなすファッショントレンドを想起させるスタイリグを実現。

TRDパーツとして初設定の「ルーフラック」はRAV4専用設計で、艶消しブラックパイプのインパクトだけではなく実用性も考慮されていて、「Adventure」を含むRAV4の全車に装着可能。クロスバー(別売)を追加することで、ボックスなどの積載にも使用できます。

そのほか、標準グレードに最適なスタイル「Street Monster(ストリート・モンスター)」も用意されています。本格SUVのスポーツクロスオーバースタイルを提案し、フロント、サイド、リヤに設定されるエアロパーツは、ワイド&ローなスタンスをさらに強調。そのダウン量は最大で121mmとなるTRD史上最大の下がり量を誇っています。

また、新開発のアルミホイール「TRD TF Ⅹ-Limited(ティーアールディー・ティーエフ・テン・リミテッド)」は、ラインナップ最大の20インチを誇る新作鋳造ホイール。ブラックマイカとポリッシュ(切削光輝)の力強いスポークの中に、有機的な造形が繊細に浮かび上がるデザインが特徴となっています。TRD鋳造ホイールシリーズ「TF」を冠するにふさわしく、設計・評価を繰り返し、ドレスアップとステアリングフィールを両立させたこだわりの新作になっています。

TRDパーツの価格の一例は、フロントロアガーニッシュが37,000円、フロントバンパーガーニッシュ(LED付)が65,000円、オーバーフェンダー(Adventureグレード用)が120,000円、ルーフラックが150,000円、マッドフラップが28,000円です。「エアロパーツセット Street Monster(LED付)」の塗装済みが198,000円、素地が186,000円。20インチアルミホイール 「TRD TF Ⅹ-Limited&ナットセット」が224,500円(1台分)などとなっています。
※上記価格はすべて税別です。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介、TRD)

『トヨタ・RAV4』の最新記事
80cmロングのワンオフ車・世界一長いRAV4はメーカー純正!?
新型RAV4の独特な4駆機構をテスト。左右トルクベクタリング車はオーバーステア傾向が楽しい
RAV4 プラグインハイブリッド。実は装備もちょっと違う【LAオートショー2019】
RAV4 プラグインハイブリッドのパッケージング。ユーティリティにまったく犠牲がない理由は【LAオートショー2019】
RAV4 プラグインハイブリッドのスタイリングは普通のRAV4とどう違う?【LAオートショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事