CR-Vの弟分!? ホンダ・BR-Vは日本でも重宝されそうなサイズと良好な使い勝手【バンコク・モーターショー2019】

●地味で奥ゆかしい実力派!? ホンダ・B-RVの詳細をチェック

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのホンダブースに見たことのないコンパクトカーが展示されていました。新型アコードなどの華やかなクルマのなかに置かれた1台の地味なクルマ。しかしその内容は興味深いものでした。

ナンバープレート部に表示されている車名はBR-V。まさにCR-Vの弟分という雰囲気を持ったSUVです。

じつはこのBR-V、2015年に発表されていましたが、その奥ゆかしい雰囲気のためかあまり注目を浴びることがなかったのです。しかし、じっくり見てみると注目すべき部分が多いことに気づかされます。

全長は4456mm(7名定員モデル、5名定員は4453mm)、全幅は1735mm、全高は1666mmと日本でも使い勝手がよさそうなサイズです。撮影を行ったのは3列シートの7名定員モデルで、セカンドシートとサードシートがそれぞれ折りたためるようになっています。パッケージングの雰囲気は背の高いステーションワゴンにサードシートを取り付けたもの、という感じです。

 

搭載されるエンジンは117馬力/146Nmの1.5リットルガソリンで、ミッションはCVTとなります。サスペンションはフロントがストラット、リヤがトーションビーム。タイヤは195/60R16が組み合わされます。

このパッケージングなら日本でも受け入れられるはずですし、他社にはないモデル。なかなかの競争力があると思います。

(諸星陽一)

『バンコクモーターショー』の最新記事

トラック&SUVを展開するシボレーは新型キャプティバをアジアプレミア【バンコク・モーターショー2019】
かつての英国スポーツカーメーカーブランド「MG」から11人乗りバンやEVが登場【バンコク・モーターショー2018】
ヒュンダイブースのメインステージには電動車「コナ・エレクトリック」を展示【バンコク・モーターショー2019】
現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】
新型アコードや日本未発売のBR-Vなど、興味深いモデルを出展したホンダ【バンコク・モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事